洗うときにはどうする?腰痛コルセットの洗い方のポイント

Health Wide 手軽につけられる東洋医学設計の腰サポーター 加圧式 女性 腰 サポーター 男女兼用 (L)

腰痛コルセットをしていると、汗もたくさんかくでしょう。

だから、腰痛コルセットをしている方は、ときにはそれを洗っていかないとなりません。

でも、腰痛コルセットを洗うときにはどうやって洗っていったら良いかわからないという方も多いでしょう。

そこでここでは、腰痛コルセットの洗い方のポイントについて紹介していきたいと思います。



こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




腰痛コルセットは手洗いがベター

まず第一に腰痛コルセットは、手洗いで洗うのがベターだといえます。

腰痛コルセットとは、やはり腰をささえてくれるように考えて設計されているものになります。

そんな風に腰を支えてくれるように考えて設計されているということは、そのバランスが崩れてしまっていたら、腰を支える力が弱くなってしまうということになるのです。

腰を支える力が弱くなってしまうということは、その分だけ腰痛コルセットとしての効力が失われてしまうことになります。

それでは、腰痛コルセットを洗ったことを後悔してしまうことになりかねません。

なので、そうならないように手洗いで洗うべきなのです。

洗濯機は刺激が強すぎる

洗濯機というのは、えてして刺激が強すぎるものです。

グリングリンあらわれるわけなのですから、刺激が強いのも当然だと言えるでしょう。

しかし、刺激が強ければ強いほどに、腰痛コルセットのバランスが崩れてしまう可能性は高くなります。

だから、手洗いで洗うべきなのです。

手洗いであれば、刺激の度合いは自分で選択することができるでしょう。

洗濯機のように力強くゴシゴシ洗うこともできますし、弱めに洗うこともできるのです。

そもそも腰痛コルセットを洗う際には、そこについた汗を落としたいくらいになるでしょう。

丸出しにしていることもほぼほぼないでしょうから、たとえばTシャツやシャツのように、なんらかの汚れが付着してしまうということはあまりありせまん。

そこに付着しているのは、せいぜい汗くらいになるでしょう。

それならばやはり、そこまで力強く洗う必要はないのです。

そもそも最近の洗剤は洗浄力も強いですから、ますますそうする必要はないといえるでしょう。

それならばやはり、手洗いで洗うべきなのです。




ゴミを落としてから洗うべき

では、腰痛コルセットを手洗いをする際にはどんなポイントがあるでしょう?

まず一つ言えるのは、ゴミを落としてから洗うべきだということです。

ゴミというのは、なにも腰痛コルセットの表面についている汚れではありません。

それは先述のように、あまりついていないと言えるでしょう。

なんらかの繊維的な汚れはついていることがありますが、基本的にはそこまでは汚れも付いていません。

では、ここでいう汚れとは、どこに付いている汚れになるのでしょうか?

ここでいう汚れとは、マジックテープについている汚れになります。

マジックテープは、わりとデコボコしているものになります。

だからこそ力強く付着するわけなのですから、マジックテープがデコボコしているのは当然です。

そんなマジックテープには、表面と比べてさらに小さなゴミや毛などが付着しやすいといえます。

それは、そこが丸出しになっていなくてもそうなのです。

だから、それを落としてから手洗いするべきです。

なぜ落とすべきなのか

でも、なぜそこについている汚れを落としてから手洗いするべきなのでしょうか?

たしかにそこに汚れがついていたら、いずれマジックテープのつきは悪くなるでしょうが、いきなりそうなることはありません。

なので、なにも洗う前にからなず落とすということでなくとも良いような気はします。

しかし、それは洗う前には必ず落とした方がいいのです。

それはなぜでしょうか?

それは、洗う前には落としておかないと、奥深くに絡んでいき、どんどん取れなくなるからです。

ダメになるのもはやくなる

どんどん取れなくなるなるということは、ダメになるのもはやくなるということになります。

なぜなら、その汚れはまた次にも増えていくわけで、それがさらにまた取れなくなっていくわけですから。

そうして取れない汚れが増えていけば、次第に粘着力がよわくなるのは明白です。

そして、つきが弱くなってしまうのです。

つきが弱くなってしまえば、あまり安心して腰痛コルセットをできなくなるでしょう。

それでは、あまり腰痛コルセットをしているいみがなくなります。

だから、腰痛コルセットを洗う際には、ゴミを落としてから洗うべきだといえます。




押すようにして洗う

実際の腰痛コルセットの洗い方は、押すようにして洗うのが正解だといえます。

洗うというと、ゴシゴシ洗うことを想像する方もいるかもしれません。

でも、ゴシゴシ洗うとなると、やはりコルセットを傷つけてしまうことになります。

傷つけてしまうと、そのぶんコルセットがボロボロになっていくでしょう。

つまり、ダメになってしまうのです。

いずれ穴が開いてしまう可能性もあるでしょう。

それは避けないとなりません。

だから、腰痛コルセットを洗う際には、押すようにして洗うのがおすすめになります。

たっぷりの水で洗わないとならない

押すようにして洗うためには、たっぷりの水で洗うようにしないとなりません。

水があまりないところで押したとしても、大して洗えていることにはならないでしょう。

だから、たっぷりの水で洗うべきなのです。

また、たっぷりの水で洗うようにするということは、おおきめの桶などが必要になるということです。

おおきめの桶などがないと、たっぷりの水の中に、さらに腰痛コルセットをいれることはできないと言えるでしょう。

だから、おおきめの桶も用意していってください。




ぬるめのお湯で洗うのが吉

また、腰痛コルセットを洗う際には、ぬるめのお湯で洗うのが吉だといえます。

ぬるめのお湯で洗うようにすると、よりしっかり汗などの汚れを浮かすことができるようになります。

つまり、それだけ汚れを落としやすくなるのです。

汚れが落ちやすくなれば、ますますゴシゴシ洗う必要がなくなります。

ゴシゴシ洗わなくてもしっかりと汚れが落ちるとおもえれば、丁寧に洗えるようにもなるでしょう。

だから、やはり腰痛コルセットを洗う際には、ぬるめのお湯で洗うのがおすすめなのです。

余ったお風呂のお湯が最適

そんなぬるま湯としてすごくちょうど良いものがあります。

それが、残ったお風呂のお湯です。

残ったお風呂のお湯であれば、ちょうどぬるま湯くらいの温度になっていることが多いでしょう。

だから、すごけ適切なのです。

残ったお風呂のお湯なんて、どうせただ捨ててしまうだけなのですから、こうして再利用できるのは、すごく素敵なことだと言えるでしょう。

ただ、残ったお風呂のお湯を使う際には注意点もあります。

たとえば、入浴剤を入れたお湯は使うことができません。

そのお風呂のお湯に入っている着色料が、腰痛コルセットに色をつけてしまうことがあるでしょう。

また、お風呂のお湯が汚い場合もそれは避けた方が良いでしょう。

結局そこにある髪の毛などが腰痛コルセットについてしまって、あまり洗った意味がなくなりますから。




まとめ

腰痛コルセットを洗う際にはこれらのことを参考にして洗っていくと良いでしょう。

どれも決して難しいポイントではありませんから、簡単に抑えることができるはずです。

ぜひ参考にして、いつも良い状態の腰痛コルセットを使っていってください。

そして、しっかり綺麗なコルセットで腰を支えていきましょう。

その方が気分もあがるでしょう。