腰が痛くなりやすい3つの職業と腰痛コルセットでの対策

yamasaki 腰用 ワイドコルセット 【ウエストスリミングタイプ】 腰痛 ベルト サポーター コルセット 【Mサイズ 68-78cm】

腰が痛いときはどうしますか。

湿布を貼りますかマッサージに行きますか。

確かにこれらの方法も時には効くかもしれません。

だとしても、いろいろな方法を組み合わせなければ腰痛から解放されることはありませんよね。

座っている仕事の多いあなた。

腰痛コルセットに注目してみませんか。

腰痛コルセットってこんな職業の人に向いているんですよ。



こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




職業によって異なる

世の中にはいろんな職業があります。

その中でも腰が痛くなってしまう職業というものがあります。

こういうタイプの職業についてしまったら最後。

何の対策もしないで仕事をしていれば、腰が痛くなってしまって最後には病院送りになってしまうのがオチ。

病院に行ってからでは遅いです。

病院送りにならないためにも普段から腰に負担のかからない生活を取ることが大切。

そこで腰痛コルセットが大切になります。

腰を保護してくれて、腰の痛みやかかる負担を軽減してくれます。

それではどんな職業の人に向いているのでしょうか。




車のドライバー

腰に負担のかかる職業と言ったら車のドライバー。

トラックドライバーやタクシーの運転手の方は長時間座った姿勢でい続けなければいけません。

もちろん腰に負担がかかってしまいます。

車のドライバーには腰痛コルセットはおすすめです。

腰にかかる長時間の負担を和らげてくれます。




車のドライバーなら何枚も持っていても安心

毎日のようにドライバーなら車を運転することになりますから、1枚や2枚の腰痛コルセットでは足りないでしょう。

複数枚持っていたほうがいいでしょう。

1週間に5日働くのなら、腰痛コルセットは5枚くらい持っていても不都合はありません。

下着と同じような感覚で持っていたいものです。

そうすれば汗をかきやすい夏場でも不快感を覚えることはありません。

月曜日から金曜日までコルセットを使い分けるのもおすすめです。




デスクワークの多い仕事

デスクワークの仕事も腰痛コルセットがおすすめです。

椅子に座っていれば腰に負担がかかります。

常にくの字でいるのだから仕方がありませんよね。

このようなタイプの人も腰痛コルセットがおすすめです。




オフィスの室温まで考えて

デスクワークの場合は、オフィス街が快適な温度に保たれていることが多く、夏は涼しく夜は暖かい状況で仕事をする人が多いです。

そのため暖かくなりやすいもの。

クールすぎるものは使いにくいかもしれません。




介護施設で働く人に

介護の職場で働いている人にもおすすめです。

介護の現場で働いている人はお年寄りを担がなければいけません。

お年寄りだからといってそれほどつらくはありません。

最低でも30kg以上はあります。

これほど重いものを持つのだから、腰に負担がかかるのも当然です。

腰をいたわってあげなければ,ぎっくり腰や椎間板ヘルニアになってしまう可能性だってあります。

そうならないためにも腰を保護してくださいね。




介護の現場で働く人

介護施設で働く人は、デスクワークのような働き方に加えて人間を担がなければいけません。

そのためかなりの重労働になりがちです。

重いものを持てば汗をかきますので、通気性のいいものを選んでください。




使いやすいスポーツブランド

腰痛を保護するよりも腰の負担を和らげてくれる、腰の筋肉をサポートしてくれるものをおすすめします。

ミズノなどのスポーツブランドからも腰痛コルセットが販売されています。

こういう9スポーツブランドのものがおすすめです。

フィット感や通気性も高く、長時間つけても不快感はありません。




まとめ

車のドライバーやデスクワークで働く人。

介護の現場で働く方にも腰痛コルセットはおすすめ。

でも、これらの三つの働き方はすべて同じものではなく異なっています。

職業や働き方に合わせた腰痛コルセットをチョイスしたいもの。

腰痛コルセットなら何だって同じ、と甘く考えず、コルセットの特徴、通気性、やわらかさ、腰回りの筋肉のサポート感などを総合的に判断したいものです。