腰痛コルセットはこんなに便利! 8つのメリットまとめ

腰痛コルセットといえば、腰痛の対策に効果的な商品として有名です。

しかし、使ったことがない場合、実際にどのような効果があるのか、よくわからないこともあります。

そこで、腰痛コルセットを使うことで得られる8つのメリットを紹介しましょう。

「使ってみたいけど迷っている」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)

腰の痛みを軽減できる

痛みの軽減は、腰痛コルセットの効果では最も重要であり、大きなメリットです。

腰痛コルセットを巻くと、腰の筋肉が支えられ、痛みを和らげてくれます。

つまり、腰痛コルセットが、弱った腰の筋肉をサポートしているわけです。

腰にかかる負担が少なくなれば、自然に痛みを取り除くことができます。

また、腰に負担をかけないことは、痛みの軽減だけでなく、腰痛の予防にもなるのです。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)

姿勢が安定する

腰痛コルセットを巻いていると、腰が適度に圧迫されることで、不自然に曲がることがなくなります。

そのため、使っていると、だんだん姿勢がよくなってくるのです。

腰の痛みがある場合、苦痛のために、どうしても腰は曲がり気味になってしまうものですが、痛みを軽減するためには、悪い姿勢を続けるのはよくありません。

しかし、コルセットを使えば、腰に負担をかけない正しい姿勢を維持できるのです。

また、長く使っていると、その状態に体が慣れてくるため、外したときも姿勢が崩れにくくなります。

下腹部が温まる

腰痛コルセットは、巻いていると、その部分が温かくなるものです。

これは、痛みを軽減するためにも大切なポイントになります。

なぜなら、腰が冷えていると痛みが増してしまうからです。

そのため、腰痛対策では、できるだけ冷やさないことが重要になります。

ただし、夏は蒸れやすくなってしまうので、購入するなら通気性のよい商品がおすすめです。

血流がよくなる

腰痛コルセットは、体を締めつけることで筋肉のサポートを行いますが、締めつけられた部分は、圧迫により血が流れにくくなります。

そのため、腰痛コルセットは、長時間使いすぎないことが、基本的な注意点なのです。

しかし、この点は、血流をスムーズにするためにも役立ちます。

巻いていたコルセットを外すと、それまで流れにくくなっていた血液が一気に動き出し、流れをよくすることができるのです。

血流がスムーズになると、こった筋肉をほぐす効果があるので、痛みの軽減にもつながります。

巻いたままでも動くことができる

腰痛コルセットは、「動きづらそう」というイメージがあるものです。

確かに、固定力が強いものだと、動きを制限するこがあります。

しかし、中には伸縮性が高い商品もあり、そうしたコルセットを使えば、普段の動きを妨げるようなことはありません。

動きやすいものなら、巻いた状態でも活動の範囲を広げることができるのです。

巻いていることがわかりにくい

腰痛コルセットは、服の下に巻くことができるため、周囲の人には、使用していることがわかりにくくなります。

女性の場合、ファッションを考えると、どうしても見た目が気になってしまうものですが、その心配はありません。

さらに、なるべく薄い商品を選んでおけば、より安心です。

見た目が細くなる

腰痛コルセットは、体を締めつけることになるため、巻いていると、いつもより細く見えるようになります。

お腹などの骨がない部位は、圧迫によって、かなりへこむのです。

そのため、腰痛コルセットは、痛みの軽減だけでなく、体系を補正する目的で使用されることもあります。

匂いがない

腰痛を軽減するには、湿布などを使う方法もありますが、その場合、独特の匂いがするものです。

人によっては、その匂いがストレスになることもありますが、腰痛コルセットであれば、匂いが発生する要素はありません。

コルセットなら、余計なストレスを避けて、痛みを軽減することができるのです。

まとめ

腰痛コルセットには多くのメリットがあるので、痛みを少しでも和らげるためには、ぜひおすすめです。

ただし、これらのメリットを得るには、自分に合ったものを、正しく使わなければなりません。

合わないものを選んだり、必要以上に長く巻いていたりすると、デメリットも出てきます。

自分にぴったりの商品を正しい方法で使い、たくさんのメリットを実感してみましょう。