腰痛コルセットはどう選ぶ? 注意すべき4つのポイント

腰痛コルセットは、腰の痛みを軽減することができる便利な商品です。

そのため、腰の悩みを抱えている多くの人が、腰痛コルセットを利用しています。

しかし、一口に腰痛コルセットといっても、さまざまな種類があるものです。

その中から選ぶとなれば、初めての人は、かなり迷ってしまうこともあります。

そこで、腰痛コルセットを選ぶときのポイントについて、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




症状で選ぼう

腰痛コルセットは、その症状によって、使うべき商品が違ってきます。

そのため、購入するときは、自分の症状に合わせて適切なものを選ぶようにしましょう。

コルセットの特徴と症状が合っていれば、高い効果が期待できます。

慢性的な腰痛の場合

慢性的な腰痛で、いつも痛みに悩まされているときは、固定力だけでなく、動きやすいことがポイントになります。

なぜなら、慢性的な腰痛だと、コルセットをつけたままで、さまざまな日常の動作をすることになるからです。

そんなとき、固定されすぎて動きにくいようでは、継続して使うことができません。

伸縮性があり、動いているときも邪魔にならないようなものなら、常に痛みを和らげてくれます。

ぎっくり腰の場合

ぎっくり腰のように急な症状が出たときは、慢性的な場合とは異なり、できるだけ体を固定して、動かさないことが大切です。

そのためには、硬めで幅の広い、固定力が強い商品を使うようにしましょう。

腰をしっかり固定することができれば、強い痛みは感じにくくなります。

軽い腰痛の場合

症状が軽く、あまり痛みが強くないときは、薄くて軽いコルセットがおすすめです。

それならば、アウターに影響せず、優しく腰を支えることができます。

また、腰痛の再発防止や、お腹を引き締めるなどの体型補正をしたいときにも、効果的なタイプです。




ずれにくさで選ぼう

腰痛コルセットは、しっかり腰を支えることで痛みを和らげるものですが、使っているうちに、ずれてしまうことがあります。

そうなると、腰を支えるという本来の機能を、十分に発揮することができません。

したがって、選ぶときには、ずれにくい特徴をもっていることに注目してみましょう。

ずれにくい商品なら、つけたまま動いても安心です。

二重のベルトがおすすめ

腰痛コルセットは、ベルトが1本になっているより、補助のベルトがついて二重構造になっている方が、ずれにくくなります。

1本だけだと固定力が弱いので、動いているうちに、どうしても正しい位置から外れてしまうのです。

しかし、二重に締めつけるタイプなら、かなり安定感があるため、少し動いたくらいではずれません。




通気性で選ぼう

腰痛コルセットは、長く巻いているうちに蒸れてしまうことがあります。

特に夏場は蒸れやすいので、あせもなどに注意しなければなりません。

そこで、購入するときは、なるべく通気性のよいものを選ぶようにしましょう。

腰痛コルセットの中には、生地がメッシュになっており、蒸れを軽減した商品もあります。

そのようなコルセットなら、暑い夏でも快適に使うことができるのです。




値段で選ぼう

腰痛コルセットは、高い商品なら品質がよく、体を支える効果も大きいように感じるものです。

しかし、むやみに高いものを選ぶのは、あまりおすすめできません。

腰痛コルセット選びでは、症状や固定力などをじっくり検討し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

値段が高い商品でも、自分に合わないようでは、せっかくの優れた機能が無駄になってしまいます。

最近は、安くてもしっかり作られている商品が多いので、値段ばかり優先するのではなく、自分に合っていることを一番に考えて選ぶようにしましょう。




まとめ

腰痛コルセットで腰の痛みを緩和するためには、どんな商品を使ってもよいわけではありません。

合わない商品では、なかなか望んだ効果が得られないことも多いのです。

そのため、選ぶときには、ここで紹介したポイントを参考にして、じっくり検討してみてください。

安易に決めるのではなく、慎重に考えることで、本当に効果のある商品を見極めることができるのです。