腰痛コルセットは正しく使おう! 8つの注意点まとめ

腰痛コルセットは、つらい腰の痛みを和らげることができる、便利な商品です。

しかし、その効果を得るためには、正しい使い方が必須になります。

どんなに優れた機能を備えていても、間違った使い方では、効果を妨げてしまうことがあるのです。

では、腰痛コルセットを使うときに注意すべき、8つのポイントを紹介しましょう。



こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




位置を間違えないようにしよう

腰痛コルセットは、正しい位置に巻くことで、その効果を最大限に発揮してくれます。

巻く位置がずれていると、本来の効果が出ず、いくら使っても痛みの軽減にはなりません。

腰痛コルセットの正しい位置は、ウエストラインの少し上なので、確実にセットするようにしましょう。

その位置であれば、骨盤と腰の両方がしっかり支えられるため、痛みを取り除くことができます。

腰痛コルセットというだけあって、つい腰骨に合わせて巻きたくなってしまいますが、それだと意味のない巻き方になってしまうので、十分注意してください。




左右を均等にして巻こう

腰痛コルセットは、巻く位置だけでなく、巻き方も重要です。

きちんと左右を均等にして巻かないと、すぐにずれてしまい、位置が合っていたとしても、効果を妨げることになってしまいます。

左右均等の状態なら、しっかり体をホールドしてくれるので、少し動いたくらいでは、ずれにくくなるのです。




痛いときは直接巻かない

腰痛コルセットをつけていると、締めつけの強さや摩擦によって痛みを感じることがあります。

そんなときは、無理をして使い続けるのではなく、痛みを和らげる工夫をしましょう。

肌着の上から巻いたり、タオルを挟むようにすると、余計な痛みを感じることはありません。

ただし、タオルを挟むなら、あまり厚くない薄手のものを使いましょう。

タオルが厚すぎると、コルセットの形を変えてしまうことがあるので、正常な効果が得られなくなってしまいます。




使いすぎに注意しよう

腰痛コルセットを巻くと、腰の痛みが軽減されて楽になります。

しかし、だからといって、あまり長時間巻いておくと、腰にはよくありません。

なぜなら、腰の筋肉を使わないことで、だんだん衰えてしまうからです。

そうなると、常にコルセットのサポートがないと、体を支えることができなくなってしまいます。

したがって、慢性化してしまわないように、痛みが治まってきたら、いったん外すようにしましょう。

コルセットに頼りきってしまうのではなく、つらいときだけ使うようにすれば、筋肉が弱ることはありません。




寝るときは巻かない

腰痛コルセットを使う時間は、なるべく日中だけにしておくのがおすすめです。

就寝するときは、必ず外すようにしてください。

寝ている間もずっと巻いたままだと、血流が悪くなってしまい、逆に痛みを強めてしまう恐れがあります。

また、人間が寝ている間は、コップ1杯くらいの発汗があるものですが、そんな時間帯に巻いたままにしておくと、あせもなどの原因になってしまうのです。

寝るときの腰の痛みは、抱き枕など、コルセット以外のもので解消するようにしましょう。




通気性に注意

蒸れるというデメリットは、寝るときに限ったことではありません。

日中につけているときも、夏の気温が高い時期は、どうしても蒸れやすくなってしまうのです。

そのため、腰痛コルセットを使うなら、できるだけ通気性のよいものを選択してください。

蒸れてかゆくなるようでは、痛み以外のストレスが蓄積されてしまいます。

メッシュ生地の商品は通気性がよいので、ぜひおすすめです。




固定しすぎない

腰痛ベルトは、体を支えることで痛みを和らげるものですが、あまり固定しすぎるのはよくありません。

固定力が強すぎるものだと、思うように体を動かせないため、転倒してしまうこともあるのです。

ぎっくり腰など、動かさない方がよい場合ならともかく、日常動作を普通に行うなら、できるだけ動きやすいものを使うようにしましょう。

そのためには、伸縮性の高い商品が最適です。




腰痛が治るわけではない

腰痛コルセットを使うときは、「腰痛が治る」という思い込みをしてしまうことがあります。

しかし、腰痛コルセットの効果は、痛みを軽減することであり、治療ではありません。

そのため、腰痛コルセットは、あくまでもサポートと考えるようにしてください。

痛みを和らげるだけでなく、原因を取り除くことも忘れないようにしましょう。




まとめ

腰痛コルセットを使えば、自分で手軽に痛みを取り除くことができますが、ただ巻いておけばよいわけではありません。

適当に使っていると、場合によっては、腰痛が悪化してしまうこともあるのです。

せっかく使うなら、間違った使い方や注意点をしっかり把握して、正しい方法を意識してください。

適切な方法であれば、腰痛コルセットの優れた効果が無駄になることはありません。