腰痛コルセットを効果的に使う秘訣は?正しい選び方は?

yamasaki 腰痛 ベルト 【 パワフル タイプ 】 メッシュ コルセット 腰用 サポーター 【 L 85-100cm 】 男女兼用 ギアタイプ

腰痛といえば、腰痛ベルトや腰痛コルセットが痛みを抑え、姿勢をよくして、腰痛を予防してくれるアイテムの一つです。

でも、つけ方や選び方を間違えると、せっかくのコルセットも、効果を発揮できません。

そこで、どんなコルセットが腰痛に効果があるのか?

どうすれば腰痛コルセットを正しくつけることができるのか?

腰痛コルセットについてご紹介したいと思います。



こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




腰痛コルセットを使用するときの注意点

腰痛コルセットを巻けば、腰痛が治ってしまうと思っている方はいませんか?

そんな方は、要注意です。

腰痛コルセットは、あくまで、腰の痛みの原因となっている、腰の筋肉を固定し、骨盤の位置を正しくして、姿勢を正すことで腰痛を和らげる目的で使用されます。

また、腰に負荷がかからないようにしてくれます。

腰痛でつらい人にはおすすめです。

腰痛の原因は?

腰痛の原因は、たくさんあり、その理由は人それぞれです。

代表的なものとして、次のような原因があげられます。

  • 腰に負荷がかかり、筋肉や神経を痛めている場合。
  • 姿勢の悪さから、体全体のバランスが崩れ、腰に負担がかかっている場合。
  • 長時間のデスクワークやタクシードライバーなど、座位を長時間保持している場合。
  • 内臓疾患などの病気が原因の場合。

早く痛みを解消するには、自己判断せず、腰痛の原因をしっかり調べ治療することも、とても重要になります。




正しい腰痛コルセットの選び方

コルセットを選ぶ時の注意点

コルセットは次のような点を注意して選びましょう。

  • 自分の腰の痛みの状態にあったコルセットを選ぶ
  • 日常生活に支障がない、動作を妨げないものを選ぶ
  • 自分の体のサイズに合っているものを選ぶ
  • ずれにくいものを選ぶ
  • 通気性のいいものを選ぶ

実際に、私は、ゴム製のコルセットを購入したのですが、腰痛にはとても効果があったのですが、汗でかぶれてしまって、使えなくなった経験があります。

また、固めのコルセットを購入したこともあり、動くときとても苦しくて、使えないことがありました。

自分にあったコルセットに出会うまでは、時間がかかるかも知れません。




コルセットの種類

コルセットには、たくさんの種類があります。

ドラックストアや大型スーパー、ネット通販で買えるものや、病院、整骨院などで取り扱っているものなどがあります。

簡易コルセット

腰と骨盤を固定させ、安定させる目的で使用されるコルセットです。

体にフィットし、動きやすいですが、固定する力は、強くはありません。

腰痛やぎっくり腰に効果があり、ドラックストアやスポーツ店などで購入することができます。

軟性コルセット

メッシュ生地になっており、腰の中央部分にステンレス製のバネが埋め込まれています。

おなか周りに巻いて、腰の骨の負担を軽減させる目的で使用されます。

また、固定する力が強く、腰周りを圧迫し動きを制限させる効果があります。

腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症などの治療で使用されるため、病院などで診察をうけないと購入できません。

骨盤ベルト

骨盤を固定することにより、骨盤を安定させ、ゆがんだ骨盤を元の位置に戻す目的で使用します。

骨盤周りが痛いとき、腰痛、ぎっくり腰などのときに使用します。

産後の骨盤矯正や、ダイエット、美容などの目的で使用されることも多く、ドラックストア、大型スーパー、ネット通販などで手軽に購入できます。




腰痛コルセットの巻き方

腰痛コルセットを巻くときは、コルセットの下の部分が骨盤にかかるところで、へそより少し下の位置に設定し、軽く息を吸ってはいたところにマジックテープで固定します。

胃がある上のほうは少しゆるめに、へそのほうは少しきつめに巻きましょう。

胃の周りを強く固定すると気持ちが悪くなるので、気をつけましょう。

また、上のほうに巻きすぎると、効果がなくなってしまいます。

コルセットを巻くときの注意点

左右均等になるように位置に注意して巻きましょう。

ゆる過ぎても効果がなくなります。

きつすぎず、ゆるすぎず、自分にベストな強さに調整して下さい。

毎日、長時間着けていると、腰まわり、背中周り、おなか周りの筋肉が落ちてしまうので、外しながら使用しましょう。

また、腰痛が軽減してきたら、腰痛体操などを取り入れて、腹筋、背筋を鍛えることも必要になります。

そして、コルセットを外しても、腰痛が出ないように、病院へ行って治療したり、姿勢を正しく保ったり、骨盤の位置が正しくなるように体操を取り入れたりなどをして、腰痛の原因を根本的に直すことが必要になります。




まとめ

腰痛コルセットには、その効果に応じて色々な種類があります。

使い方を間違えると、腰痛を悪化させる原因にもなるので、気をつけましょう。

自分の症状と生活スタイルに合ったコルセットを、正しく装着することが重要です。

また、コルセットに頼らずに腰痛を治すことも大切なので、もう一度、自分の生活を見直すこともおすすめします。

腰痛コルセットを使用しながら、腰周りの筋肉を鍛え、正しい姿勢をマスターし、腰痛を解消して行きましょう。