自分にぴったりのものを見つけよう!腰痛コルセットの種類と選び方

腰痛で悩んでいる方の必需品、腰痛コルセットにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。

これまで、腰痛コルセットに関する知識があまりなく、何となく選んでしまっていたという方も少なくないと思います。

腰痛コルセットは種類によって、目的や効果も異なります。

それぞれの種類の特徴や効果を正しく理解して、症状に適したものを使用することが腰痛を改善するためには大切なことです。

こちらの記事でおすすめの腰痛コルセット製品を紹介していますので参考にして下さい。




腰痛コルセットの種類

腰痛コルセットには、整形外科などで処方されるものと市販で手に入るものとがありますが、その中でもいくつかの種類があります。

それぞれに装着場所が異なり、特徴や効果も違ってきます。

腰痛の症状によっても適しているコルセットの種類が異なるので、自分の腰痛の症状に適したコルセットを選ぶことが大切です。

腰痛コルセットには、腹圧を高めるタイプ、臀部に装着し、殿筋を固定するタイプ、骨盤をサポートするタイプに分かれます。




腹部に付けるタイプ

ウエスト位置で装着し、腹圧を高めるタイプのコルセットです。

腹部を圧迫することによって体がまっすぐに保たれるので、背筋への負担が軽減されるメリットがあります。

市販のコルセットの中ではポピュラーなタイプで、比較的安価で手に入りやすいものです。




臀部を固定するタイプ

お尻を保護するように装着するタイプが、臀部を固定するタイプのコルセットです。

腰痛ベルトと言われる場合もあり、腰の低い位置が痛む場合におすすめのタイプです。




骨盤をサポートするタイプ

骨盤のゆがみによって、腰痛が引き起こされる場合もあり、その症状を改善するものが骨盤をサポートするタイプのコルセットです。

妊婦は腰痛が起きることが多く、その場合この骨盤コルセットやベルトを使用します。

マタニティウェアと一緒に販売されていることも多く、女性にとっては最も身近な腰痛コルセットです。

妊娠中の腰痛の緩和から産後の体型サポートまで幅広い効能があるものなので、産前から使用することをおすすめします。




腰痛コルセットの選び方

自分に合った腰痛コルセットを選ぶには、日常的に良くする動作や仕事が大きく関わってきます。

座り仕事の人に適したコルセットと立ち仕事や体を動かすことが多い仕事の人に適したものは異なります。

長時間座ったままでいると腰への負担は大きくなるので、適したコルセットを選んで痛みを早く軽減させましょう。

座り仕事の人におすすめのコルセット

デスクワークなど長時間同じ姿勢で過ごすことが多い座り仕事の方には、上半身の負担を和らげるために固定力の強いコルセットがおすすめです。

座り仕事の場合、装着している間にコルセットがずり上がってきてしまう、ということが良くあります。

胃やお腹が強く圧迫されすぎて仕事中に気持ち悪くなることがないように、適度な締め付けとぴったりのサイズのものを選ぶようにしましょう。

立ち仕事の人におすすめのコルセット

介護職など、常に動き回っていたり、力を入れる動作が多い仕事の方には、動作の妨げになりにくいコルセットを選ぶ必要があります。

薄型やスリム型のものや、幅が狭くなおかつしっかりとしたサポート力があり、背筋の負担を軽減させてくれるものが良いでしょう。

通気性の良いメッシュタイプのものも、動き回ることが多い仕事の人にはおすすめです。




腰痛コルセットの注意点

つらい腰痛を軽減してくれる腰痛コルセットは心強い味方ですが、使用する上で注意しなければならないこともあります。

腰痛コルセットは、背筋の負担を和らげる働きがありますが、常に使用していると筋力が衰えるなどのデメリットも考えられます。

背筋や腹筋が弱ってしまうと改善されるはずの痛みも慢性的なものとなってしまうので、常に装着するのではなく、腰に負担のかかる動作や長時間の仕事をする場合のみ使用するようにしましょう。




まとめ

腰痛コルセットは種類によって、装着の仕方や効能も変わってきます。

それぞれの腰痛コルセットの種類による違いや特徴を正しく理解して、最適なものを選ぶことが、腰痛を治すいちばんの近道です。

日常の生活や仕事での動作が最も腰に負担をかけ腰痛の原因となっているので、仕事や生活習慣に合わせて適したものを選んでください。