お試しはしないとダメ?高反発マットレスは買う前にお試しするべきだという理由

高反発マットレスを買うのであれば、実際にそれを購入する前に、お試しが出来るところで購入するべきです。

あるいはお試しという制度は大々的にないまでも、返品が出来るというところで購入するべきです。

そうすれば結果的にはお試しが出来ますから。

でも、なぜお試しが必要なのでしょうか?

ここではその理由について見ていきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




反発力はそれぞれ違うから

高反発マットレスは、基本的には身体によいものになります。

でも、それはあくまでも、高反発マットレスと自分の体重との反発力のバランスが良い時の話になります。

そして高反発マットレスの反発力は、商品やブランドによりまちまちだと言えるでしょう。

また、当然ながら高反発マットレスの上で寝る人も、体重は様々です。

だから、自分に合う高反発マットレスもあれば、自分に合わない高反発マットレスもあるのです。

そしてそれは、実際に寝てみないと分からないと言えるでしょう。

合わない高反発マットレスも多い

そもそも身体に合わない高反発マットレスも多いです。

それはそうでしょう。

世の中にはたくさんの高反発マットレスがあります。

それらは全部反発力やバランスが違うものになるわけなのですから、そのほとんどが自分に合わないのも当然です。

たとえば服と同じようなものです。

色々なデザインで色々なシルエットがある洋服は、大体のものは自分にあまりに合わないでしょう。

でもシルエットやデザインがすごくしっくりくるものも中にはあります。

ターゲットが幅広いからこそ、自分にしっくりくるものは決して多くはありません。

でもきっとあります。

だから、試着をして探すのです。

合うかどうかは、試着してみないと分からないですから。

マットレスもそれと同じです。

寝る人全体がターゲットなわけなのですから、むしろ服よりもターゲットは広いと言えます。

だから余計にお試しをしないとなりません。




高反発マットレスは安くないから試すべき

高反発マットレスを買う際に、お試しをしてから買うべきだという理由として、高反発マットレスは、安くないからだという事も挙げられます。

高反発マットレスは、基本的には高い買い物だと言えるでしょう。

なぜなら、低反発マットレスに比べて、より高級な素材が用いられていることも多いからです。

そんな高級な買い物をして、それがいまいち自分に合わなくて失敗だったとなったらすごくやっかいです。

次にまた懲りずに高反発のマットレスを買おうとしてもなかなか手が出せなくなるでしょう。

結果、安いマットレスで妥協して、お金をかけたのに安いマットレスを使用する事になったりします。

あるいはせっかく高いマットレスを買ったからと、身体に合わないのにそのマットレスを使用し続けることになり、高いお金をかけているのに腰が痛くなったりします。

そんなに残念なことはないでしょう。

そうならない為に、お試しをしてから買うのです。

お試しをすれば失敗はしない

お試しをしていれば、実際にそのマットレスの質感を試してから買う事になるわけなのですから、まず失敗はしません。

なので、お金をかけたらかけた分だけ良い効果を自分に起こせるということになるのです。

それであれば、安心してお金を使うことが出来るでしょう。

お試しをしてからマットレスを買う事が出来るところは決して多くはありませんが、中にはありますから、そういうところを探して、そこで購入してみてください。

特に高反発マットレスの場合は。




寝心地が苦手な事もあるから

高反発のマットレスは、けっして寝心地が良いとは言えません。

身体によいマットレスであることは間違いありません。

でも、寝心地が良いマットレスではないと言えるのです。

そうして寝心地があまり良くないということは、実際にそこで寝てみたら、そこで寝るのが苦手だったと気が付くこともあるという事になります。

それは、実際にそこで寝てみないと気が付きません。

それに気が付く為にも、高反発マットレスを買う際には、お試しをしてみる事が得策なのです。

包まれる感じがないし寒く感じることもある

高反発のマットレスが寝心地がいまいちなのは、やはり、包まれる感じがないからでしょう。

これが低反発のマットレスであれば、しっかりと身体を沈めていくので、身体はしっかりと包まれていきます。

そんな身体が包まれている感覚は、間違いなく安らぎに繋がりますから、寝心地は良いと感じるでしょう。

布団も、その下は固いことが多いですが、それ自体は比較的に柔らかい事が多いです。

だから、包み込まれるとは言えないまでも、ふかふかして気持ちよい感じは受けるでしょう。

でも高反発マットレスの場合は、柔らかさは最低限で、決して気持ちよくは感じません。

また、高反発のマットレスは基本的に通気性が良いと言えます。

通気性が良いマットレスを使用していれば、当然ながらその分だけ身体は冷えていきます。

もちろん蒸れないことは寝心地の良さに繋がるのですが、そのメリットも冬場には逆効果になるのです。

寒い状態は当然寝心地がよいとは言えません。

だから、高反発マットレスだとあまり熟睡できないという方もいるのです。

それをチェックするために、実際に試してみるのです。

しばらく使うと慣れる事もある

最初は苦手に感じても、お試しで2回3回と高反発のマットレスで寝ているうちに、慣れていく事もあります。

だから、自分が高反発のマットレスに慣れる事が出来るタイプなのか、それともそもそも合わないのかを判断するためにも、お試しをしてみるのは効果的だと言えるでしょう。




厚みが合わない可能性があるから

高反発のマットレスを買う際に、お試ししてから買うべき理由として、厚みが合わない可能性があるからと言うことも挙げられます。

高反発のマットレスは厚みも、それぞれです。

低反発のマットレスは、基本的にはある程度厚みがあることが多いです。

しっかりと身体を沈めることに特徴があるわけですから、それも当然でしょう。

逆に高反発のマットレスは、多少は身体も沈めますが、それもそれほどではありません。

だから、別に厚みが必要ない事もあるのです。

ということは、当然、厚みが薄い高反発マットレスもあれば、厚みがある高反発マットレスもあることになります。

そうしていろいろな厚みがある場合、どの厚みが自分に一番合っているかは、分からないでしょう。

だから、色々と試して、自分に一番しっくりくる厚みのマットレスを選ぶべきだと言えます。

厚みが合わないとどうなるか

厚みが合わないとどうなるでしょうか?

もし厚みが合わない高反発マットレスで寝ていたら、身体が痛くなる可能性が高いと言えるでしょう。

厚みが合わないと、身体がしずまなさすぎたり、あるいは寝る際に身体の位置が高すぎて違和感を覚えて、深く眠れなくなったりします。

それらはどちらも身体の痛みに通じるものです。

だからしっかりと厚みもチェックしてから買う事をおすすめします。

そんな厚みも、実際にいろいろ試してみないとわかりませんから。




まとめ

高反発のマットレスを買う際に、お試ししてから買うべきだというのは、以上のような理由からになります。

お試しをするメリットはこのようにたくさんありますが、それをするデメリットはないと言えるでしょう。

しいていうならばマットレスを選ぶのに時間がかかることくらいですが、それは大したデメリットではないでしょう。

だったらやはり、お試しをするにこしたことはありません。