どうせなら長く使いたい!高反発マットレスの寿命は短い?それとも長い?

マットレスを買うのであれば、出来れば長くそのマットレスを使いたいと思うものです。

それならば、基本的には耐久性のしっかりとしたマットレスを買わないとなりません。

では、たとえば高反発のマットレスは、耐久性はどうなのでしょうか?

長いでしょうか?

それとも短いでしょうか?

ここではそんな、高反発マットレスの耐久性についてみていきたいと思います。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




高反発のマットレスは耐久性が良いことが多い

もちろん全ての高反発マットレスがそうだというわけではありません。

物によってはすぐにダメになってしまうような耐久性しかない高反発のマットレスもあるかもしれません。

でも基本的には、高反発のマットレスは耐久性が良いことが多いです。

なので、もし少しでも長く使えるようなマットレスを買いたいと思うのであれば、低反発のマットレスを買うよりは、高反発のマットレスを買う方がおすすめになります。

でも、なぜ高反発のマットレスは比較的に耐久性が高いと言えるのでしょうか?

反発するから戻りやすい

それには別にむずかしいことはありません。

ただ単に高反発のマットレスの方が、反発力があるから、凹んだところがクセになりづらいというだけの話です。

低反発のマットレスの場合、基本的には身体をしっかりと沈み込ませていきます。

そうして身体を奥までしずみこませていくということはその分深く沈むという事になります。

それでいて、反発力に乏しいのですから、凹んだところはそのままになりやすいでしょう。

凹んだところがそのままになるということは、その分すぐにダメになってしまうという事です。

なので、高反発のマットレスの方が耐久性に優れていると言えます。

高反発のマットレスの方が湿度が抜けやすい

また、高反発のマットレスの方が耐久性に優れている理由として、高反発のマットレスの方が通気性が良いということも挙げられます。

高反発のマットレスは、比較的に通気性が良いです。

ということは、そこに湿度がこもりづらいのです。

マットレスは、湿度がたまるとへたりやすくなります。

なので、湿度がたまらないようにするということはすごく大切になるでしょう。

でも、マットレス自体、なかなかお手入れするのが難しいモノになります。

だから基本的に、マットレスの通気性頼りになるところもあるでしょう。

マットレスの通気性は、高反発のマットレスの方が良いわけですから、高反発のマットレスの方が長持ちする可能性は高いと言えるのです。




高反発のマットレスではどれくらい持つのか

では実際、耐久性に優れていると言える高反発のマットレスは、だいたいどのくらい持つと言えるのでしょうか?

それも当然、そのマットレスによってさまざまになります。

でも、高反発のマットレスの中でもあまりもたないようなマットレスを使用していたとしても、だいたい5年程度は持つでしょう。

それだけ持てば、かなりコスパが良いと言えるのではないでしょうか?

だいたい高反発のマットレスを買おうと思ったら、5万円くらいであることが多いでしょう。

もちろんモノによってはもっと安いものもありますが、安いものはその分だけ品質も下がりますから、平均的な品質の物を買おうと思ったら、5万円くらいはしてしまいます。

5万円でマットレスを買い、それが5年持ったとすれば、1年間で1万円になります。

それはやはり安いと言えるでしょう。

なので、高反発のマットレスは基本的にコスパも良いと言えるでしょう。

10年以上持つものもある

高反発のマットレスの中には、10年以上持つものもあります。

やはり10年以上持つとなると、その分だけ価格も高くはなります。

しかもその10年の間に、カビが生えたりしないように、出来る限り気を使わないとならないという難点もあります。

でもその難点さえしっかりとクリアしていれば、買い替える手間などもかからなくなるわけですから、すごく便利でしょう。

そういうものを選べるというのも、高反発マットレスの強みです。




中でもコイル系のものは耐久性が高い

高反発マットレスの中にも、コイル系のものと、ウレタン系の物があります。

コイル系のものとウレタン系のものでは、コイル系の物の方が耐久性は高いと言えるでしょう。

コイル系のものとは、その名の通りに、マットレスの中にコイルが入っていて、そのコイルが身体を支えるという仕組みのものです。

たいしてウレタンは、低反発のマットレスと同じように、ウレタンが入っていて、そのウレタンが身体を支えるというものになります。

ウレタンの密度が高かったりするので、同じような素材でも、高反発になるのです。

また使用しているウレタン自体も反発力が高いモノになるでしょう。

だから、それでも高反発のマットレスが体現できているのです。

でも、耐久性で見たら、やはりそういうウレタン素材の高反発マットレスよりも、コイル系の高反発マットレスの方が高くなります。

なので、少しでも耐久性が高いマットレスを買いたいと思うのであれば、高反発のマットレスの中でも、コイル系のマットレスを買うようにすると良いでしょう。

寝心地では劣り気味

ただコイル系のマットレスは、耐久性が高い代わりに、寝心地では劣り気味になるでしょう。

もちろんそれも悪いわけではありません。

しかしウレタンの方が全体的に柔らかく支えてくれると言えるので、その分寝心地は良くなりやすいです。

中には、ある程度の耐久性があれば、あとは寝心地を大事にしたいという方もたくさんいるでしょう。

もしそう思うのであれば、コイル系の高反発マットレスではなく、ウレタン系の高反発マットレスを狙うのもおすすめできます。




長く使うための工夫もしていくと良い

確かに高反発のマットレスは、基本的には耐久性が高いと言えます。

でも、乱雑に使用していたら、どんなに耐久性の高いマットレスでも、それの本来の実力を発揮することなく、さっさとダメになってしまう事もあるでしょう。

なので、たとえ耐久性の高い高反発のマットレスを使用していくのであっても、基本的には少しでもそれを長く使うことが出来るように、工夫して使用していくべきでしょう。

では、どういう風に工夫して使用していけば、マットレスはより長く使うことが出来るようになるでしょうか?

同じ向きで寝ないのが一番の工夫

たとえば、同じ向きで寝ないようにするという工夫が挙げられます。

頭と足の向きを日々変えるようにするのです。

そうすることによって、マットレスの上にかかる負荷が、いつも違う位置にかかるようになります。

いつも同じ向きで寝ていると、ずっと同じところにしか負荷が掛かりません。

そうしてずっと同じところに負荷が掛かっていると、そのせいでその負荷が掛かるところにはダメージが積み重なるでしょう。

そうなれば、その分だけマットレスがダメになってしまう可能性も高くなります。

そうならないようにするためにも、同じ向きで寝ないようにするのです。

それはすごく簡単で効果的な、すごくおすすめの工夫になります。

是非毎日そうして寝る向きを変えてみてください。




まとめ

高反発のマットレスの耐久性は、基本的には高いと言えます。

5年も10年も使えるようなマットレスになるので、コスパもすごく良いです。

それでいて高反発のマットレスは身体にも良いわけですから、マットレスを買おうと思ったら、高反発のマットレスを買う事がおすすめになります。

低反発には低反発の良さもありますが、基本的には高反発の方が良いでしょう。