エアインパクト 高反発マットレスは腰痛の方におすすめ!

Air impact (エアインパクト) 通気性抜群 高反発マットレス(フラットタイプ)シングルサイズ 洗える敷布団 約:幅97×長さ195×厚み3cm

腰痛になってしまえば、寝苦しく感じやすいので、寝つきが悪くなってしまいます。

そのため、腰痛の方は腰にかかる負担を軽減できるマットレスを選ぶ事が重要です。

そこで、腰痛の方たちに、おすすめしたいのが『エアインパクト 高反発マットレス』です。

このエアインパクト 高反発マットレスは、腰痛でも利用しやすくなっている上に持ち運ぶ事も容易なので、詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




エアインパクト 高反発マットレスの特徴

エアインパクト 高反発マットレスは、注目すべきポイントが4つあって、それが体圧分散・復元率・通気性・カバーです。

そこで腰痛でも利用しやすいマットレスを探している方のために、この4つのポイントについて詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

体圧を分散

マットレスで横になった時に、腰が痛く感じやすい場合には、柔らかいマットレスを利用しているケースがあります。

なぜなら柔らかいマットレスは、重くなっている腰が沈み込みやすいので、腰に体圧が集中してしまうからです。

そのような事になれば、腰が痛く感じやすいので、腰痛の方は寝苦しく感じてしまうのです。

そこでエアインパクト 高反発マットレスは、反発力を高くする事によって、腰があまり沈み込みづらくなっています。

そのため、エアインパクト 高反発マットレスは体圧を分散しやすくなっているので、腰痛の方におすすめのマットレスです。

高い復元率

体圧を分散できるマットレスでも、へたっていけば、腰が沈み込みやすくなってしまいます。

しかしマットレスが短期間でへたってしまえば、新しいマットレスを買い換える事に躊躇(ちゅうちょ)してしまうかもしれません。

所が、エアインパクト 高反発マットレスは8万回の圧縮テストを繰り返しても、96.4%もの復元率を誇っているのです。

そのため、エアインパクト 高反発マットレスは長い間に渡って使用しても、マットレスがへたりづらくなっています。

優れた通気性

エアインパクト 高反発マットレスが採用している繊維には、多くの隙間があって、そこから湿気を放出する事ができます。

そのため、エアインパクト 高反発マットレスは湿気が溜まりづらくなっているので、暑い夏場の季節でも、マットレスがあまり湿っぽくなりません。

実際にマットレスが湿っぽくなってしまえば、寝苦しく感じて、何回も寝返りを打ってしまいます。

そのような事になったら、腰に大きな負担をかけてしまうので、通気性が優れているのはエアインパクト 高反発マットレスの大きな魅力です。

カバーは丸洗い可能

エアインパクト 高反発マットレスが、通気性が優れているマットレスと言っても、私たち人間は一晩の間に寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、ダニが繁殖しやすくなります。

ダニが繁殖したら、ダニの死骸(しがい)や糞(ふん)がたまっていくので『ダニアレルギー』を発症する可能性が高くなってしまうのです。

しかしエアインパクト 高反発マットレスのカバーは洗う事が可能になっているので、ダニをある程度まで洗い流す事ができます。




様々な活用法

エアインパクト 高反発マットレスは腰痛の方でも利用しやすくなっているだけではなく、様々な活用法があります。

そこで、エアインパクト 高反発マットレスを購入するべきか悩んでいる方のために、どのような活用法があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

2種類のタイプ

エアインパクト 高反発マットレスには、2種類のタイプがあって『フラットタイプ』と『三つ折りタイプ』が用意されています。

フラットタイプは折り目がないので、腰痛の方が利用しても、折り目が気にならないので寝やすくなっています。

それに引き換え三つ折りタイプは折り目が気になってしまうかもしれませんが、三つに折りたたむ事ができるのです。

三つに折りたたむ事ができれば、コンパクトなサイズにする事ができるので、来客用のマットレスとして保管する事も容易です。

他の寝具と併用

マットレスと言えば、多くの方たちはベッドの上に敷いて利用するイメージがあるかもしれません。

所が、エアインパクト 高反発マットレスはベッドの上に敷いて利用できるだけではなく、敷き布団やマットレスの上に敷いて利用する事もできるのです。

さらに床の上へ、直に敷いて利用する事もできます。

そのため、今まで利用していたマットレスや敷き布団などを捨てる必要がないので、今まで利用していた寝具よりも寝心地が悪かった場合を心配する必要がありません。




持ち運びしやすいマットレス

腰痛の方は寝具を利用するだけではなく、寝具を持ち運ぶ時も注意しなければいけません。

なぜなら持ち運びしづらい寝具を購入した場合には、その寝具を持ち運ぼうとしたら腰痛が悪化するからです。

所が、エアインパクト 高反発マットレスは持ち運びしやすくなっているので、詳しく紹介します。

軽量タイプ

エアインパクト 高反発マットレスが、持ち運びしやすくなっているのは、軽量タイプのマットレスだからです。

実際にエアインパクト 高反発マットレスは、フラットシングルの場合には、重量がわずか4.5kgしかありません。

エアインパクト 高反発マットレスには、3種類の厚みがあって、最も薄いタイプは、厚みがわずか3cmしかありません。

そのため軽量タイプになっていますが、他の寝具と併用する事によって、底つき感があまりないのです。

そのような特徴があるエアインパクト 高反発マットレスなので、あまり底つき感がないのに、持ち運びしやすくなっているのです。

専用キャリーケース

自宅にいる時には、エアインパクト 高反発マットレスを利用できても、旅行が好きな方は宿泊先で腰を痛めてしまう事を心配になってしまうかもしれません。

所が、エアインパクト 高反発マットレスは軽量タイプになっている上に『専用キャリーケース』が付いてくるので、宿泊先へマットレスを運びやすくなっているのです(三つ折りタイプの場合)。

そのため腰痛の方で旅行が好きな場合には、エアインパクト 高反発マットレスを検討してみる価値があります。




利用者たちの口コミ

エアインパクト 高反発マットレスの魅力が分かった方でも、実際に利用している方たちが満足しているのか確認したい方もいるでしょう。

そこでエアインパクト 高反発マットレスを利用している方たちの口コミを紹介するので、このマットレスを購入するべきか、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

エアインパクト 高反発マットレスの三つ折りタイプを利用している方で、折り目の所が凹んでしまう所を残念に思っているケースがありました。

そのため、耐久性を重視している方は、三つ折りタイプより、フラットタイプを選んだほうが良いです。

そしてエアインパクト 高反発マットレスは、反発力が高くなっていますが、イメージしていたよりも、マットレスが柔らかくなっている所を気にしている方もいたので注意して下さい。

良い口コミ

エアインパクト 高反発マットレスの柔らかさに不満を抱いている方がいる一方で、このマットレスの反発力の高さに満足している方もいました。

そのためエアインパクト 高反発マットレスの柔らかさには、個人差があるので注意する必要があります。

そしてエアインパクト 高反発マットレスの薄さを気にしている方がいましたが、他の寝具と併用したら、気にならないケースもありました。

そのため、他の寝具と併用すれば、エアインパクト 高反発マットレスの薄さについては、それほど気にする必要がありません。




まとめ

エアインパクト 高反発マットレスは、体圧を分散する事ができるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

ただしフラットタイプと三つ折りタイプに分かれているので、どちらを購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

もしも、どちらのタイプを購入するべきか悩んでしまった場合には、寝心地を優先する場合にはフラットタイプを選んで、持ち運びしやすい所を重視する場合には三つ折りタイプを選んだほうが良いです。