エムリリー 優反発 マットレスの魅力を紹介!腰痛の方は必見?

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】マットレス トッパー 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ5cm

マットレスには『低反発』と『高反発』があります。

この2つのタイプにはそれぞれ一長一短あるので、腰痛の方は、どちらのマットレスが、自分の身体に合うのか頭を悩ませてしまうでしょう。

ところが、数多くあるマットレスの中には『エムリリー 優反発 マットレス』のように、どちらのタイプでもない商品があるのです。

このマットレスは『優反発』を採用していて、腰痛の方でも利用しやすくなっているので詳しく紹介します。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




エムリリー 優反発 マットレスの魅力

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】マットレス トッパー 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ5cm

本製品は優反発を採用していますが、この優反発について詳しく知っている方は多くないでしょう。

そこで優反発を紹介しながら、このマットレスが腰痛でも利用しやすくなっているポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

スマートフォーム

本製品には『スマートフォーム』という素材を採用していて、この素材によって優反発が可能になっています。

この優反発というのは、柔らかい素材が体を包み込んでくれるのに、優しい弾力性が身体を適度な位置まで戻してくれるのです。

実際に低反発マットレスは身体が沈み込み過ぎるので腰が痛くなりやすくて、高反発マットレスは腰があまりにも沈み込まないので腰が浮いてしまうのです。

このような特徴があるので、低反発マットレスが身体に合わない方もいれば、高反発マットレスが身体に合わない方もいます。

それに引き換え本製品は、低反発と高反発のいいとこ取りなので、どちらのタイプを購入すれば良いのか悩んでしまう方には、本製品はおすすめです。

オープンセルフォーム

本製品は『二層構造』を採用していて、上層はスマートフォームになっていて、下層は『オープンセルフォーム』になっています。

このオープンセルフォームは、身体をしっかりと支えられるようになっているので、体重が思い方でも、あまり腰が沈み込まないようになっているのです。

実際に腰がマットレスに沈み込んでしまえば、腰に体圧が集中して睡眠不足に陥ってしまう可能性があります。

そのような事になれば、腰に疲労が溜まってしまうので、オープンセルフォームを採用しているのは本製品の大きな魅力です。

優れた通気性

私たち人間は眠っている時に、一晩の間で寝汗をコップ一杯分もかいてしまいます。

そのため、マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまう事もあって、マットレスは湿気が溜まりやすくなってしまうのです。

そのような事を考えたら、マットレスを定期的に立てかけなければ、マットレスは湿っぽくなってしまうので注意しなければいけません。

しかしマットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので腰痛が悪化する恐れがあります。

ところが、本製品が採用しているオープンセルフォームは通気性が優れている素材なので、あまりマットレスを立てかけなくても、マットレスがあまり湿っぽくなりません。

マットレスの厚み

腰痛の方がマットレスを選ぶ際には、反発力だけではなく、マットレスの『ボリューム』にも注目しなければいけません。

なぜなら腰があまり沈み込まないマットレスでも、ボリュームの足りない商品を利用してしまえば、底つき感があるので、腰が痛く感じやすいのです。

ところが、本製品は3種類の厚みを用意していて、5・8・11cmなどがあります。

実際に5cmの厚みでは底つき感を抱く可能性が高いので、腰痛の方は、8cmまたは11cmの厚みを選んだほうが良いです。




体圧を分散するメリット

本製品は優反発によって、体圧を分散する事ができます。

実際に体圧を分散できれば、いくつかメリットを得る事ができるので、このマットレスを詳しく知りたい方のために、どのようなメリットがあるのか紹介します。

寝返りの打ちやすさ

マットレスに腰があまり沈み込まなくなれば、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなっています。

実際に、自転車を運転していた頃を思い出してもらえればイメージしやすいと思いますが、坂道で自転車のペダルをこぐよりも、平坦な道で自転車のペダルをこぐほうが楽なはずです。

それはマットレスで寝返りを打つ時も同じ原理なので、あまり腰が沈み込まない事は重要なポイントです。

実際に寝返りを打ちやすくなっていれば、仰向けになる時間も短くなるので、あまり腰を圧迫しないで済みます。

腰の冷えを抑制

夏場の季節では腰があまり痛くならないのに、冬場の季節になったら腰が痛くなってしまう方がいます。

このようなケースが起きてしまうのは、腰の冷えが腰痛と関係している可能性が高いです。

なぜなら腰が冷えてしまえば、血行不良に陥ってしまうので、腰周辺で疲労物質が溜まりやすくなってしまうからです。

ところが、体圧分散できるマットレスを利用したら、腰が適度に沈み込むので、腰とマットレスの間に隙間があまりできません。

そのため、腰の体温の低下を抑えやすくなるので、腰の冷え対策を講じる事ができます。




商品情報の詳細

本製品の魅力を分かってもらえたところで、次に本製品の商品情報も紹介するので、このマットレスを購入するべきか悩んでいる方は確認してみて下さい。

真空パック

マットレスは大型サイズの家具になるので、自宅の玄関があまり広くない場合には、マットレスを搬入できるのか心配になってしまう方は多いでしょう。

そこで本製品は『真空パック』の状態で送ってくれる事から、コンパクトなサイズになっているので、あまり玄関が広くなくてもマットレスを搬入する事ができます。

さらにコンパクトなサイズで送られてくるので、腰痛の方でも玄関から寝室まで運びやすくなっています。

ただし腰痛の症状によっては、家族の方にマットレスを運んでもらったほうが良いです。

高額なマットレス

本製品は腰痛でも利用しやすいように、様々な素材を採用している事もあって、コストをかけている商品です。

そのため本製品は、高額な商品になっていて、楽天市場では送料無料ですが税込価格32,378円で販売されています(2018年1月22日時点)。

実際に日本で販売されているマットレスの中には5,000円前後で販売されている商品があるのです。

そのため、値段の安くなっているマットレスを探している方は、注意して下さい。




利用者たちの口コミ

本製品の性能を気に入っている方でも、値段が高くなっているので、このマットレスを購入するべきか戸惑ってしまうでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、値段が高くなっていても購入したほうが良いのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用する際に、仰向けや横向きで寝ても、腰とマットレスにあまり隙間ができなくて、満足している方がいました。

そのため、寒い冬場の季節に、腰が冷えやすい方には魅力的なポイントです(室温や布団の種類によって変わる可能性があるので注意)。

そして本製品が優反発を採用している事もあって、寝心地がよくなっている所を気に入っている方もいました。

実際に寝心地の悪いマットレスを利用していたら、ストレスが溜まって、腰痛が悪化する可能性もあるので、寝心地がよくなっている所も本製品の大きな魅力です。

悪い口コミ

本製品は優反発になっているので、少し身体が弾んでしまう所を不満に抱いている方がいました。

実際に身体が弾んでしまえば、腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのため、寝相が悪い方は、腰痛を悪化させる恐れがあるので注意して下さい。

そして本製品はウレタンを採用しているので、臭い匂いがしてしまうケースがありました。

そのため、匂いに敏感な方は、部屋を換気して、臭い匂いを取ったほうが良いです。




まとめ

本製品は身体を適度な位置まで戻してくれるので、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そのため、高反発マットレスと低反発マットレスのどちらにも、身体が合わない場合には本製品を検討してみる価値があります。

ただし柔らかいマットレスが苦手な方は、身体が合わないケースもあったので、注意して下さい。