ボンネルコイルマットレス 国産スプリングは腰痛に合う?

日本製 SGマーク付き ボンネルコイル マットレス セミシングル

腰痛の方たちの間では、体圧を分散できる事から、ポケットコイルマットレスが注目されています。

しかしポケットコイルを使用してみたのに、あまり腰にかかる負担を軽減できていないように感じた事はないでしょうか?

実はポケットコイルが身体に合わない方もいるので、注意する必要があります。

そのような方におすすめしたいのが『ボンネルコイルマットレス 国産スプリング』です。

このマットレスはポケットコイルとは違うマットレスなので、ポケットコイルマットレスが身体に合わない方でも、腰にかかる負担を軽減できる可能性が高いので、詳しく紹介します。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




ボンネルコイルマットレス 国産スプリングの特徴

日本製 SGマーク付き ボンネルコイル マットレス セミシングル

ボンネルコイルマットレスは、ポケットコイルと比べられる事が多いほど、腰痛の方でも利用しやすいマットレスです。

本製品は、そのボンネルコイルを採用しているので、このボンネルコイルの特徴を説明しながら、本製品が腰痛でも利用しやすくなっている秘密について紹介するので確認してみて下さい。

ボンネルコイル

ポケットコイルは、スプリングが1本ずつ独立しているので、身体を『点』で支えてくれるので、体圧を分散しやすくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

それに引き換え、ボンネルコイルはスプリングが連結しているので、ポケットコイルに比べたら体圧をあまり分散できません。

そのため、腰痛の方たちの間では、ポケットコイルマットレスが注目されているのです。

ただしポケットコイルは身体を点で支える仕組みになっているので、マットレスが柔らかく感じてしまいます。

そのため、体圧を分散できても、柔らかいマットレスが苦手な方はボンネルコイルを採用している本製品のほうがおすすめです。

チップウレタン

本製品は、ポケットコイルマットレスに比べたら、体圧を分散しづらくなっていますが、それでもスプリングが連結されているので、腰の沈み込みを抑えてくれます。

そのため腰がマットレスに沈み込みづらくなっているので、腰に体圧が集中しづらくなっている事から、腰痛でも利用しやすくなっているのです。

さらに本製品は『チップウレタン』を採用しているので、耐久性が優れています。

実は耐久性が優れていなかったら、マットレスがへたってしまうので、重くなっている腰が沈み込んでしまうケースがあるのです。

そのような事を考えたら、耐久性が優れているのは本製品の大きな魅力です。

ボリュームのあるマットレス

腰の沈み込みを抑えられるマットレスでも、ボリュームが足りなければ、腰が少し沈みむだけでも、底つき感がある事から腰痛に悩まされやすいです。

ところが、本製品はマットレスの厚みが、約20cmもあるのです。

実際にマットレスのボリュームは、9cm以上もあれば底つき感をあまり抱きません。

そのため、マットレスのボリュームが足りない物を使用して、腰が痛く感じてしまう方は、ボリュームのある本製品を検討してみる価値があります。




通気性が優れているマットレス

ボンネルコイルはポケットコイルに比べて、通気性が優れている事から、寝心地がよくなっています。

実は通気性が優れていなければ、腰痛が悪化するケースがあるのです。

そこで通気性が優れていたら、なぜ腰痛が悪化しづらいのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

寝心地がアップ

ポケットコイルはスプリング1本ずつに、不織布が巻かれているので、通気性が優れていません。

それに比べて、ボンネルコイルは連結しているので、1本ずつに不織布が巻かれていない事から、通気性が優れているのです。

そのためボンネルコイルを採用していない本製品は、熱がこもりづらくなっているので、寝汗を多くかいても、マットレスがあまり湿っぽくなりません。

実際にマットレスが湿っぽくなってしまえば、寝苦しく感じてしまうので、睡眠不足に陥ってしまう可能性があります。

そのような事になれば、腰の疲れを取る事ができなくなって、腰痛が悪化する可能性があるのです。

そのため、通気性が優れているのは注目すべきポイントです。

ダニの繁殖率

通気性が優れていないマットレスを利用していたら、湿気が溜まっていくので、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。

実際にダニが繁殖してしまえば、ダニアレルギーの原因になる『チリダニ』や、私たち人間の肌を刺してくる『ツメダニ』によって、健康被害を受ける可能性が高いです。

実際に、ダニによって健康被害を受けたら、睡眠の質が低下して、腰痛が悪化する恐れがあるので、通気性が優れているマットレスを利用する事は重要です。




注意すべきポイント

本製品は腰にかかる負担を軽減されるように作られていますが、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

それを知らなければ本製品を購入してから、後悔する可能性があるので、詳しく紹介します。

硬めのマットレス

本製品はボンネルコイルを採用しているので、ポケットコイルよりも硬めになっています。

そのため、硬めのマットレスが好きな方であれば、満足できる可能性は高いですが、柔らかいマットレスを好きな方の場合は身体に合わない可能性が高いのです。

実際にポケットコイルマットレスが身体に合わない場合には、いくつか原因があって、そのうちの一つは柔らかさにあります。

しかし、あなたが利用しているポケットコイルマットレスのボリュームが足りなかったり、へたっていたりしたら、柔らかさと関係ない可能性もあります。

そのため、本製品を購入する前に、あなたが本当に硬いマットレスが身体に合うのか把握して下さい。

湿気対策

本製品のようにマットレスの厚みが約20cmもある場合には、底つき感がない代わりに、マットレスを持ち上げる事が大変になってしまいます。

それでも折りたためるタイプのマットレスであれば、持ち上げやすくなっている商品もあります。

しかし本製品はマットレスのボリュームがある上に、折りたためないタイプなので、マットレスを持ち上げようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまうので注意して下さい。

高額なマットレス

本製品はボンネルコイルを採用している上に、マットレスの厚みがある事もあって、値段が高くなっています。

実際に本製品(セミダブルサイズ)は、楽天市場では送料無料ですが、税込価格25,704円もするのです(2018年1月20日時点)。

実は、同じ楽天市場では、5,000円以下の値段で販売されているセミダブルのマットレスもあります。

そのため、コストパフォーマンスの高いセミダブルサイズのマットレスを探している場合には、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。




利用者たちの満足度

本製品は腰痛でも利用しやすくなっていますが、値段が高くなっているので、このマットレスを購入するべきか、悩んでしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの満足度を紹介するので、このマットレスは購入するほど、価値のある物か参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用してみたら、体圧を分散できる所を満足している方がいました。

実際にボンネルコイルは、スプリングが連結しているので、体重が重い方が利用しても、腰の沈み込みをある程度まで抑える事ができます。

さらに本製品が、適度な硬さになっている所を満足している方もいたのです。

この辺りも、身体を点では支えないように作られている所が大きく関係しています。

そして弾力が優れている所を気に入っている方もいたので、クッション性にこだわる方にも、本製品はおすすめのマットレスです。

否定的な口コミ

本製品の硬さに満足している方がいる一方で、少しマットレスが硬めになっている所を気にしてしまう方もいたのです。

実際に硬めのマットレスを利用していたら、腰が沈み込まなくても、腰が痛く感じてしまう事があるのです。

そのため、硬めのマットレスが身体に合わない事を気づかないで本製品を購入したら、睡眠の質が低下する可能性があるので注意して下さい。




まとめ

本製品はボンネルコイルを採用していますが、ポケットコイルのほうが腰痛に合いやすいイメージを抱いている方は多いでしょう。

確かにポケットコイルは、体圧を分散しやすくなっていますが、通気性が悪い上にマットレスが柔らかくなっているのです。

そのため、全ての方がポケットコイルを利用したほうが良い訳ではないので、ポケットコイルマットレスが身体に合わない場合には、本製品を試してみる価値はあります。