ポケットコイル ベッドマットレスの魅力を紹介!腰痛の方は必見?

ポケットコイルマットレス ピロートップ シングル 高密度 コイル数465個 厚み22cm 通気性 体圧分散 圧縮梱包 アイボリー

腰痛の方は、腰が沈み込みやすいマットレスを利用していたら、腰痛が悪化する恐れがあります。

そのため、腰痛に悩んでいる方は、腰が沈み込みづらいマットレスを利用する事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『ポケットコイル ベッドマットレス』です。

このマットレスは腰の沈み込みを抑えやすくなっているので、詳しく紹介します。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>おすすめ腰痛マットレスランキング

ポケットコイル ベッドマットレスのおすすめ

腰痛でも利用しやすいマットレスは数多く販売されていますが、コストをかけられている事もあって、値段が高い商品が多くあります。

そのため、腰にかかる負担を軽減したくても、マットレスの購入に踏み切れない方もいるはずです。

所が、本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、リーズナブルな価格で販売されているので、詳しく紹介するので見ていきましょう。

ポケットコイル

本製品が腰の沈み込みを抑えられるのは、このマットレスが『ポケットコイル』を採用しているからです。

このポケットコイルは、スプリングが1本ずつ独立しているので、身体を点で支えてくれるのです。

そのため、重くなっている腰の体圧を分散する事ができるので、腰があまり沈み込まないようになっています。

もしも腰が沈み込んでしまえば、腰に体圧が集中して、腰が痛く感じるようになってしまうのです。

そのような事になれば、睡眠不足に陥ってしまうので、腰痛が悪化します。

そのため、腰痛に悩んでいる方には、ポケットコイルを採用している本製品はおすすめです。

平行配列

ポケットコイルには、スプリングを配列する方法が2つあって、それが『平行配列』と『交互配列』です。

平行配列は規則正しい並び方をしているので、スプリングとスプリングの間に隙間ができます。

それに引き換え交互配列は、スプリングを少しズラして配列するので、あまり隙間ができません。

そのため、平行配列のほうがソフトな感触になっているのです。

本製品は平行配列を採用しているので、柔らかいマットレスが好きな方は、検討してみる価値があります。

極厚タイプ

腰に沈み込みを抑えられるマットレスでも、ボリュームが足りなければ底つき感があるので注意しなければいけません。

所が、本製品はマットレスの厚みが約18cmもあるのです。

実際にマットレスの厚みが8cm以上もあれば、底つき感をあまり感じない傾向があります。

それを考えたら、マットレスの厚みが約18cmもあるのは、本製品の大きな魅力です。

そのため、マットレスのボリュームが足りない物を使用していて、腰が痛く感じる場合には、本製品を利用してみる価値があります。

リーズナブルな価格

本製品は魅力的なポイントが多かったので「本当に、このマットレスはリーズナブルな価格なのだろうか」と心配になってしまったかもしれません。

所が、本製品(シングルサイズ)は、楽天市場では送料無料で税込価格5,990円で購入する事ができるのです(2018年1月16日時点)。

実際に、日本で販売されているシングルサイズのマットレスの中には、10,000円前後で販売されている商品は多くあります。

そのため、値段の安いマットレスを探している方にも、本製品はおすすめです。

Amazonタイムセール開催中!(9/19~9/21)>>おすすめ腰痛マットレスランキング

S字カーブをキープするメリット

本製品は体圧を分散しやすいマットレスなので『S字カーブ』をキープしやすくなっています。

このS字カーブについて詳しく知っている方は少ないかもしれませんが、S字カーブをキープできていれば、腰にかかる負担を軽減できるのです。

そこでS字カーブをキープするメリットについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

腰にかかる負担を軽減

S字カーブとは、背筋を真横から見たら、S字のように見える姿勢を指します。

そのため、S字カーブをキープしていれば『腰』と『首』が湾曲していて、この2か所がバネの役割を果たしてくれるのです。

そのような役割を果たしてくれるので、S字カーブをキープしていれば、首が頭部の重さの負担を緩和してくれて、腰が地面へ歩いている際の衝撃を緩和してくれます。

このようにS字カーブをキープしていれば腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛に悩んでいる方は、本製品を利用してS字カーブをキープする方法は、おすすめです。

座る時の姿勢

S字カーブをキープできなければ、猫背になってしまう事があります。

猫背は背中が後ろのほうへ曲がってしまうので、椅子に座ったら背もたれに背中が密着した時に、お尻が前のほうへズレやすくなってしまうのです。

そのような姿勢で座っていたら、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうので、腰にかかる負担が大きくなってしまうので注意しなければいけません。

そのため、日頃からS字カーブをキープして、椅子に座っている時でも、腰にかかる負担を軽減するのは重要です。

注意すべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすくなっていても、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

そのポイントを知らなければ本製品を利用する事によって、腰痛が悪化する恐れがあるので、詳しく紹介します。

湿気対策

私たち人間は、布団をかぶって眠っていたら、体温が上昇してしまうので、寝汗をかいてしまいます。

その寝汗の量は一晩の間にコップ一杯分にもなるので、マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまうのです。

そのため、定期的にマットレスを立てかけなければ、湿気が溜まってしまうので注意しなければいけません。

しかし本製品は厚みが18cmもある上に、折りたたむ事ができないので、マットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのため本製品を立てかける際には、可能であれば家族の方に手伝ってもらったほうが良いです。

マットレスの硬さ

本製品はポケットコイルで平行配列を採用しているので、ソフトな感触になっているので、硬めのマットレスが好きな方は不満を抱いてしまう可能性があります。

実際にソフトなマットレスの場合では、体重が重くなっている方は、体圧を分散できても腰がある程度まで沈み込んでしまう恐れがあります。

そのため、ソフトなマットレスが苦手な方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの使用感

本製品は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあったので、このマットレスを購入したほうが良いのか戸惑ってしまった方は多いでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの使用感を紹介するので、このマットレスを利用したほうが良いのか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、適度な硬さになっている所を気に入っている方がいました。

ただしマットレスの硬さに関しては個人差があるので注意する必要があります。

さらに本製品は圧縮された状態で送られてくるので、コンパクトなサイズになっている所を気に入っている方もいたのです。

そのため、自宅の玄関が狭い場合でも、本製品であれば搬入しやすくなっています。

そして本製品は品質が高くなっているのに、値段が安くなっている所を満足している方もいました。

否定的な口コミ

本製品を利用しようとしたら、少し柔らかくなっている所を気にしている方がいました。

そのため、硬いマットレスが好きな方が本製品を利用したら、マットレスの柔らかさが気になって、睡眠の質が低下する恐れがあるので注意して下さい。

そして本製品を利用している時に、端(ハシ)のほうへ寝転がってしまえば、マットレスから落ちそうになってしまう所を気にしてしまう方もいました。

そのため、寝相が悪い方はマットレスから落ちてしまう可能性があるので注意して下さい。

まとめ

本製品はポケットコイルを採用しているので、腰の沈み込みをある程度まで抑えてくれます。

そのためS字カーブをキープしやすくなっている事から、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の方には注目すべきポイントです。

ただしソフトなマットレスになっているので、本製品を購入する前に、自分がソフトなマットレスが身体に合うのか把握したほうが良いです。