マットレスと腰痛の関係性とおすすめしたいマットレスについて

マニフレックス 敷き布団 高反発 2層構造 イタリアンフトンII グリーン シングル 【3年保証】【「エコテックススタンダード100」国際規格取得】

日本人は、とにかく腰痛がおおいのです。

国民調査でも男性で一位、女性で2位になっているぐらいなので国民病と言えます。

腰痛の疲労を取るには、やはり睡眠が大事です。

腰痛にならないためには、質の良い睡眠をとる必要があります。

質の良い睡眠を実現するのが、マットレスなのです。

腰痛とマットレスの関係とマットレス製品にってまとめてみます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




睡眠と腰痛の関係性

睡眠と腰痛

誰でも一度や2度は経験があるのが、起床時の腰痛です。

朝起きて起き上がるときに、腰が痛い!

というアレです。

起きてしばらく動いていれば、痛みは和らいでくるのですが。

夜寝る前にはなんでもなかったのに、朝になると痛むということは、睡眠時に何かが起きていたと考えられます。

腰痛の予防や解消によくマッサージやストレッチなどを考えるでしょう。

確かに間違いではありませんが、実は腰痛に一番効果があるのが睡眠!

なのです。

昼間などの活動で疲労してしまった腰もしっかりした睡眠を取れば疲労が残ることはないのです。

睡眠時に何が起きているか

寝起きの腰の痛みの原因を考えてみます。

寝ている間に腰椎が歪み筋肉が硬くなってしまうのです。

硬くなってしまった筋肉は、血流が悪くなってしまい痛みとして現れてしまうのです。

硬くなってしまい血流が悪くなりやすい筋肉は、深層筋です。

腰の骨にくっついている筋肉ですから、姿勢などにも深い関わりがあるのです。

表層にある筋肉と違い、大きな筋力はありません。

姿勢を維持したりなど少ないチカラを持続的に使う、インナーマッスルなのです。

多裂筋や回旋筋などと呼ばれる筋肉で硬くなると古いゴムのような硬さになってしまいます。

一度硬くなってしまうとなかなか戻りにくいのも特徴です。

毎日使い続ける筋肉ですから、硬くしてしまうと戻りづらいのです。

唯一、休めるのが睡眠時なのです。

しっかり休息させ疲労をためない疲労があるのです。

睡眠不足が引き起こしてしまう

疲れてるのに眠れない。

仕事中に眠くてしかたない。

休みの日の寝だめでは疲れが取れない。

熟睡したい。

気持ちよく眠って眠気をとりたい。

など睡眠不足で悩んでいる人もおおいのです。

腰痛も、もちろんですが安眠によりその他の悩みも解消しましょう。




マットレスと腰痛

理想の寝姿勢とは

寝姿勢なんて気にする人は、あまりいないでしょう。

しかし寝るときの姿勢も、腰痛や身体の疲れに大きく関係しているのが分かっています。

理想は、立ったまま寝転んだ状態が良い!

とされています。

寝姿勢をキープしやすいマットレスが必要になるのです。

腰痛を予防し疲労を解消するには、自分の身体に合うマットレスを選ぶ必要があります。

寝返り重要性

子供時代に起きると、とんでもない方向で寝ていた経験はないでしょうか?

人は、寝ている間に寝返りしながら身体の歪みを自分で矯正しているのです。

成長期の子供の寝相が悪いのは、その理由からです。

大人でも歪みはありますから、寝ている時に寝返りをします。

しかしある理由で寝返りできなかったらどうなるでしょう。

骨盤が歪んだり、腰が痛くなったりするのです。

腰の深層筋は、仙骨にもくっついていますから腰の筋力の硬化=骨盤の歪みと考られます。




マットレスの重要性

睡眠時に何が起きているか

寝返りができなかった原因として考えられるのがマットレスです。

マットレスが沈む→腰が前弯する→筋肉が固まる→血流が悪くなる→痛むという負のサイクルが完成するのです。

もちろん短い時間の昼寝などなら、それほど影響はありません。

人は、寝ている間に休息し疲労を取り除きますからマットレスは、重要なのです。

夜の睡眠時にはマットレスを使用し、しっかりした休息をとらなければならないのです。

自分に適したマットレス

マットレスと腰痛の関係性が分かったら自分に適したマットレスを選ぶのです。

色々なメーカーが腰痛とマットレスの関係性を重要視して開発しています。

やはり選ぶうえで大事なのが、体が沈まないで寝返り打てるか!

です。

もちろん硬すぎてもダメですし、柔らかすぎてもダメなのです。




マットレスの種類

高反発マットレス

体重がかかっても腰が沈みこみません。

体を押し上げて支えるタイプのマットレスで高反発性のウレタン素材などを使ったノンコイルタイプ、コイルタイプがあります。

高反発マットレスは、身体が沈まないので身体への負担が抑えられます。

特にお尻が沈まないことにより、骨盤や腰に負担がかからないのです。

もちろん身体が沈まないので寝返りも可能になります。

腰痛だけでなく、肩こりや首のこりにもなりにくいのが特徴的です。

低反発マットレス

低反発マットレスは、ソフトに体重圧を面で受けて体をやさしく包み込むというのが特徴です。

低反発マットレスの素材は、NASAが宇宙飛行士の衝撃を和らげる為に、作られたものです。

低反発を分かりやすく言うと、圧力により変化してゆっくり戻るのです。

身体を包み込むという表現は、この低反発マットレスの特徴を引用しているのでしょう。

高反発と低反発のどちらを選ぶか

高反発も低反発もどちらも良いポイントがあります。

しかし腰痛対策としては、高反発をおすすめします。

やはり寝返りが打ちやすいのが高反発マットレスだからです。

低反発マットレスは、寝返りを少なくして熟睡する!

という考えですから腰痛には適さないでしょう。

しかし身体を包み込む感覚と言うのも体験してみたいものです。

腰痛なら高反発。

安眠なら低反発といったところでしょう。




製品化紹介

マニフレックス

マニフレックス 敷き布団 高反発 2層構造 イタリアンフトンII グリーン シングル 【3年保証】【「エコテックススタンダード100」国際規格取得】

マニフレックスは、イタリア製の高反発マットレスです。

トップアスリートなども利用していて話題のマットレスです。

特徴は高密度、高反発フォームのエリオセルシステムです。

エリオセルとは、使う人によって使用感がないと言われています。

理想の寝姿勢をキープ出来やすいので、腰痛対策も万全でしょう。

雲のやすらぎ

【雲のやすらぎ】肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団

名前の通りに、雲の上で浮いているような寝心地というのが売りの高反発マットレスになります。

特徴は、最初は柔らかく体重がかかると高反発で押し返してくれることです。

雲のやすらぎは、体圧分散にチカラを入れて独自の製法で実現しています。

理想の寝姿勢として重要である、S字アーチを保てる設定です。

S字アーチを保つのは、腰痛にも関わりがありますから期待できるマットレスです。

モットン

高反発マットレス モットン(シングルサイズ)

日本人の身体は、日本人が一番知り尽くしている!

という考えで作られた日本専用の高反発マットレスです。

硬さが三種類に別れているのも、特徴です。

体重により硬さを変えていますが、納品後に硬さが合わない場合には交換もできます。

日本専用製品ですからおすすめしたくなるマットレスです。

13層のやすらぎ

13層のやすらぎマットレスは、名前のとおりに13層、27センチの分厚いマットレスの使用が特徴的です。

また高反発を実現するためのコイルが6.5インチもあり驚きの高反発を実現しているのです。

こちらも腰痛に良いので使用して見たくなる製品です。




まとめ

マットレスと腰痛は、かなり関係性があるのが分かってきました。

そして腰痛と睡眠、腰痛とマットレスの関係もです。

腰痛は、一度なりますと慢性化しやすい疾患と言われています。

放っておけば、思わぬ症状まで誘発させてしまう可能制もあるのです。

腰痛対策の最重要ツールとして、マットレスをうまく活用していきましょう。