マットレスの凹みを防ぐ方法は?試したい4つの対策

マットレスは、毎日の眠りを快適にしてくれる重要な寝具ですが、長く使っていれば、だんだん劣化してきます。

中でも気になるのは、真ん中が凹んでしまうことです。

凹んだマットレスに寝ていても、よい姿勢を保つことができず、楽に眠ることはできません。

それどころか、腰痛になってしまうこともあるのです。

ここでは、マットレスの凹みを防ぐための対策を紹介していきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




ひっくり返す

マットレスの凹みを防ぐなら、同じ面だけを使い続けるのはよくありません。

ずっと同じところに寝ていると、その部分にだけ圧力が集中してしまうため、どうしても凹みやすくなってしまうのです。

それを防ぐためには、別の面を使うことをおすすめします。

同じ面だけに寝るのではなく、たまにはひっくり返して、あまり使っていない裏面にも寝るようにするのです。

裏表の両方を均等に使う方法なら、どちらか一方だけにダメージが蓄積されることはないため、劣化を抑えることができます。

ただし、この方法を実践するには、マットレスが両面使用になっている必要があるので、まずは裏返すことができるかどうか確認してみてください。

もし両面を使用できるなら、ぜひおすすめです。

すでに凹んでいるときも

裏表を両方使う方法は、凹みを防ぐだけでなく、すでに凹んでしまったマットレスにも有効です。

すっかり凹んでしまい、体が不自然に沈み込むようなマットレスは、腰を痛めてしまう可能性が高いので、早急に使用を中止しなければなりません。

しかし、両面が使えるものだった場合は、まだ打つ手があります。

たとえ一方の面が凹んでしまっても、裏面が無事であれば、しばらくは使うことができるのです。

マットレスが凹んだときは、その一面だけが劣化しており、もう片方は何ともない場合も多いので、この方法はぜひ試してみてください。

いつかは買い替えが必要だとしても、できるだけ長く使うようにしましょう。

湿気対策としても最適

マットレスが凹んでしまう原因には、湿気の蓄積もあります。

湿気がたまりすぎて、必要以上にジメジメしたマットレスは、本来の柔軟性を失ってしまい、凹みやすくなるのです。

マットレスの裏表を入れ替えることは、そうした湿気によるデメリットを防ぐためにも役立ちます。

ベッドにマットレスを敷いた場合、裏面がぴったりと密着するため、空気が通る隙がなく、湿気を逃がすことができません。

それでは、どんどん蓄積されていくだけなので、どうにかして湿気を逃がす機会をつくらなければなりませんが、そこで裏表の入れ替えが役立つわけです。

裏にしていた面を表にして使うことで、こもった湿気を適度にとばすことができます。

それなら、湿気による凹みが抑えられるのです。

このメリットを得るためにも、ひっくり返す対策は積極的に行ってください。




ローテーションさせる

マットレスが両面で、裏も使用できるものだった場合は、裏表だけでなく、上下の入れ替えも加えて、4つのパターンでローテーションさせる方法もおすすめです。

裏表の入れ替えだけでもある程度の効果はありますが、その場合、頭と足の圧力は、両面のそれぞれ同じところに集中していることになります。

どちらか一面だけに集中するよりはましですが、確実に劣化を防ぐためには、その点も解消しておいた方がよりベストです。

そこで必要になるのが、上下も入れ替えることで、頭を乗せる部分と足を乗せる部分を変える方法になります。

この方法であれば、圧力がより細かく分散することになり、劣化をさらに遅らせることができるのです。

マットレスをひっくり返したら、次は上下を逆に、その次にもう一度ひっくり返して、最後にまた上下を逆にするという流れで、定期的にローテーションを行いましょう。

まんべんなく使うようにすることで、凹みをしっかりと防ぐことができます。




ベッドパットを敷く

マットレスは、直接体を預けていれば、それだけ負担が大きくなり、劣化も早くなってしまいます。

それを防ぐためには、マットレスの上にベッドパットを敷いて使うようにしましょう。

自分の体とマットレスの間にベッドパットを配置することで、ちょうどよいクッションとして機能してくれるので、マットレスにかかる圧力が少し減ることになります。

それなら、何も敷かずに寝るより、凹みを抑えることができるのです。

また、よりクッション性を高めるためには、なるべく厚みのあるベッドパットを使ってください。

厚いものなら、マットレスに届く圧力がさらに少なくなります。

ただし、体圧分散効果の高いマットレスを使う場合は、少し注意が必要です。

そのようなマットレスは、直接寝ることで高い効果を発揮するものなので、厚いベッドパットを敷いたりすると、体圧分散を妨げてしまう可能性があります。

もし効果を弱めるようなら、他の方法を試すようにしましょう。

凹んでいる部分にはタオルを

ベッドパットを使うとき、すでにマットレスが凹み始めているようなら、そのまま敷くのではなく、タオルで凹みを埋めましょう。

凹んだマットレスにベッドパットを重ねても、同じように凹んでしまう可能性が高いのです。

そのため、ベッドパットを使うなら、最初にマットレスの状態を確認することも必要になります。

せっかく対策をするなら、できるだけ効果が高くなるように工夫しましょう。

汗を吸う

マットレスの凹みを促進させる湿気は、寝ているときの汗でも蓄積されてしまいます。

寝ているときは動かないので、それほど汗は出ないように思えてしまいますが、一晩に出る汗の量は、コップ1杯分に匹敵することもあるので、決して油断してはいけません。

ベッドパットは、それを防ぐためにもおすすめのアイテムです。

マットレスの上にベッドパットがあれば、汗をガードすることができるため、湿気は少なくなります。

汗の汚れが軽減できれば、嫌な臭いなどもしっかり防ぐことができるので、ぜひ試してみてください。




干す

湿気による柔軟性の低下を防ぐのであれば、裏表の入れ替えやベッドパットは有効な方法ですが、それだけではまだ不十分です。

きっちりと乾燥させるためには、マットレスを干す必要があります。

定期的に天日干しにすると、湿気を大幅に取り除くことができるので、乾燥させるには最適です。

少し風がある日であれば、より湿気をとばしやすくなるので、天気のよい日を狙って、しっかり干すようにしましょう。

これは、紫外線によるダニの対策にもなるので、清潔を保つためにもおすすめです。

日光がNGなものは陰干し

湿気をとばすためには、天日干しが最も効果の高い方法になりますが、マットレスの種類によっては、天日干しができないものもあります。

日光に弱いウレタンを使ったマットレスは、天日干しにすることで劣化を早めてしまうため、うかつに日の光を当てるわけにはいきません。

湿気をとばして凹みを防ぐはずが、逆に劣化させることになっては目も当てられないので、説明書などをよく見て、本当に天日干しが可能なのか、しっかり確かめておいてください。

もし日光がNGだったときは、風通しのよい場所で陰干しにしましょう。

たとえ日陰であっても、少し窓を開けて空気の流れをつくっておけば、湿気をとばす効果は十分にあります。

それなら、日光に弱いマットレスでも、安心して干すことができるのです。




まとめ

マットレスの凹みは、単に睡眠を妨げるだけでなく、肩や腰を痛める原因にもなります。

そうなると、日常生活にも支障をきたすようになるので、対策はしっかり行ってください。

ここで紹介したポイントを押さえて、効果的な対策をしていれば、すぐに凹んだりすることはありません。

凹みのないマットレスを使い、健康的な生活を目指しましょう。