マットレスの寝苦しさはどうしたら解消できる?5つの対策

ボックスシーツ シングル 綿100% ベッドシーツ 200本ブロード マットレスカバー 防ダニ 抗菌 BOXシーツ ホワイト

マットレスは、快適な睡眠のために必要な寝具ですが、使い方によっては、寝苦しさを感じてしまうことがあります。

特に、夏は要注意です。

夏は気温や湿度が高いため、かなり寝苦しく感じるものですが、マットレスの使い方が悪いと、さらに不快感が増すことになります。

寝苦しさを解消するためには、使い方に注意して、しっかり対策を行いましょう。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




定期的に天日干しする

マットレスを使っているとき、寝苦しさを感じてしまう原因は、蓄積された湿気にあります。

大量の湿気がたまっていると、マットレスはとてもジメジメしてしまいます。

そんな状態では、寝ている間にかいた汗が、いつまでも蒸発せずに残ることになってしまい、体温がなかなか下がりません。

汗がしっかり蒸発するくらい乾燥していれば、体温が下がって眠りやすくなりますが、湿ったマットレスに寝ていたのでは、そうした効果は期待できないのです。

そうなると、ただでさえジメジメしている夏は、さらに蒸し暑く、不快な寝心地になってしまいます。

したがって、マットレスの寝苦しさを解消したいのであれば、なんとか湿気を軽減しなければなりません。

たとえ周囲が蒸し暑くても、マットレスがカラッとしていて、汗の蒸発がしやすくなっていれば、少しは涼しさを感じることができます。

そのためには、マットレスを敷きっぱなしにしないでください。

ずっと敷いたままにしていると、こもった湿気を逃がしてやることができません。

それでは、ただ内側にたまるばかりであり、いつまでもジメジメと蒸し暑いままになってしまいます。

湿気をできるだけ少なくするためには、きちんと干すようにしましょう。

干す前には確認を

マットレスをときどき天日干しにしていれば、たまっていた湿気をとばし、乾燥させることができます。

それなら、蒸し暑い季節でも、かなり寝苦しさを軽減できるのです。

ただし、マットレスを干すときには、天日干しが可能な商品かどうか、必ず確認することを忘れないでください。

一口にマットレスといっても、さまざまな商品があり、中には日光で劣化するものもあります。

それを知らずに天日干しにしてしまうと、寝苦しさを解消するだけのつもりが、マットレスの寿命をどんどん縮めてしまうことになるのです。

いくら乾燥させることができても、劣化を早めるような方法は避けなければなりません。

そのため、説明書などをよく見て、どんな干し方が適切なのか、しっかり確かめてください。

もし天日干しがNGなら、日光を使わない干し方をする必要があります。

陰干しをする

陰干しは、天日干しとは違い、なるべく日光が当たらない場所で乾燥させる方法になります。

そのため、日光で劣化するようなマットレスを干すには、最適な方法です。

高反発マットレスなどは、中のウレタンが日光で劣化してしまうので、天日干しではなく、陰干しで乾燥させてください。

ただし、日陰で干すときは、風通しのよさを必ずチェックしておきましょう。

空気の流れがない密室に置いたりすると、さすがに日光なしでは乾きません。

きちんと風通しのよい場所を選んでおけば、日光の助けを借りなくても、湿気をとばすことができるのです。




ローテーション

湿気によるマットレスの寝苦しさを解消するためには、干すだけでなく、敷き方をローテーションさせる方法もおすすめです。

ずっと同じ敷き方で使うのではなく、定期的に裏表や上下を入れ替えてみてください。

そうすることで、寝苦しさの原因となる湿気の蓄積を抑えることができます。

同じ敷き方だと、風通しが悪くなりがちな裏面の湿気は、なかなか軽減できません。

その場合、裏にばかり湿気が集中してしまうことも多いのです。

しかし、敷き方をローテーションさせていれば、裏になる面が定期的に変わるため、湿気の蓄積が偏る心配はありません。

マットレスをより快適なものにするためには、干す対策と一緒に、ぜひ試してみてください。

長持ちする

マットレスをローテーションさせるメリットは、湿気の軽減による寝苦しさの解消だけではありません。

体重をかける部分が定期的に変わるため、へたりを防ぐことができるのです。

同じところにばかり寝ていると、どうしてもその部分だけが凹みやすくなってしまいますが、ときどき敷き方を変えていれば、荷重が集中することはありません。

マットレスが使えなくなるときは、へたりが原因になることも多いので、長持ちさせたいなら、しっかりローテーションを行いましょう。




通気性のよいベッドを使う

湿気による寝苦しさを解消するのであれば、マットレスを乗せるベッドにも注目してください。

ベッドにもいろいろありますが、収納付きだったり、足がないベッドだったりすると、湿気がたまりやすくなってしまいます。

これは、マットレスの中にこもった湿気を、逃がしてやることができないからです。

収納付きのベッドや足がないベッドは、下から湿気を逃がすための隙間がないので、どうしても湿気がこもってしまいます。

それでは、真夏の寝苦しさを解消することはできません。

湿気を減らして快適に眠るためには、ベッド下の通気性もしっかり確保しておきましょう。

すのこやメッシュがおすすめ

湿気を軽減するためには、なるべく隙間が多く、通気性のよいベッドが必要になります。

そのためには、床板部分がすのこになったものや、メッシュになったものを選びましょう。

すのこやメッシュなら、湿気を逃がすための空気の通り道があるため、マットレスのジメジメした不快感を抑えることができます。




ベッドを壁から離す

マットレスに湿気をためないようにするなら、ベッドのタイプだけでなく、置く位置にも気を配って下さい。

ベッドを設置するときは、壁に寄せることも多いですが、あまりぴったりと密着させるのはおすすめできません。

壁に密着した状態だと、通気性が悪くなってしまうため、湿気の蓄積がひどくなる可能性があるのです。

湿気の少ない快適なマットレスを使うためには、壁に寄せるとしても、くっつけてしまうのではなく、10cmくらいの隙間を空けるようにしましょう。

そうすれば、ベッド周辺にしっかり空気が通るようになり、湿気がたまりにくい環境をつくることができるのです。




床には敷かない

マットレスの寝苦しさを軽減するなら、床に敷く方法はなるべく避けてください。

フローリングの床に敷いたりすると、湿気の逃げ道が完全に塞がってしまい、ひたすら内側にこもることになってしまうのです。

また、冬に使うときは、結露による湿気にも注意しなければなりません。

体温で温まったマットレスと、冷え切った床の間に結露が発生し、マットレスの湿気を増加させてしまうのです。

そうしたデメリットを防ぐには、床ではなく、通気性のよいベッドの上で使うようにしましょう。

どうしても床に敷かなければならない事情があるときは、諦めてただ敷いてしまうのではなく、すのこや除湿シートを使って、少しでも湿気を軽減できるような工夫をしてください。

また、敷いたままにするのではなく、寝るとき以外は、その場に立てかけておくことも大切です。

全体を空気に晒す時間を多くして、湿気がこもらないようにしておきましょう。




まとめ

マットレスは、ぐっすり眠るためには欠かせない寝具なので、寝苦しさを感じるようなときは、そのまま放置したりせず、しっかり対策を行ってください。

ジメジメして寝苦しいものを使っていると、睡眠不足になり、体調を崩してしまうことがあります。

健康を維持するためにも、常に湿気を減らして、快適なマットレスを使うようにしましょう。