マットレスの床置きはすのこが必要?使ったときの4つのメリット

魔法のすのこマット すのこベッド シングル (100×200cm) 二つ折りタイプ

マットレスを使うときは、できればベッドに敷く方法が理想的ですが、やむを得ない事情がある場合は、床に敷く方法もアリです。

ただし、床に敷く場合は、そのまま直に敷いてはいけません。

マットレスを床に敷くなら、先にすのこを置いて、その上に重ねるようにしましょう。

ここでは、マットレスの床置きですのこを使うことのメリットについて、詳しく説明していきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




湿気の不快感を軽減する

マットレスを床に敷くときは、湿気の蓄積に注意しなければなりません。

湿度の高いマットレスはとても不快なので、眠りを妨げてしまいます。

しかし、床に直接敷いた場合、普通にベッドに敷いたときより、どうしても湿気がこもりやすくなってしまいます。

これは、裏面がぴったりと床に密着することで、空気が通る隙間を塞いでしまうからです。

空気の通り道が塞がっているということは、湿気の逃げ道もないということなので、内側にどんどんたまっていきます。

裏面が密着するという点では、ベッドに敷いたときも同じことになってしまいそうですが、ベッドの場合は、通気性をよくした商品も多くあります。

床板部分がメッシュになったものなど、通気性を考慮して設計されたベッドであれば、下から湿気を逃がすことができるのです。

ところが、床にはそうした隙間がまったくないため、通気性のよさを期待することはできません。

下から抜けていくようなことはないので、ひたすら内側にこもり、ジメジメしたマットレスになってしまうのです。

この問題を解決するためには、すのこがおすすめです。

すのこの上にマットレスを乗せる方法なら、下に隙間をつくることができます。

そうなれば、通気性のよいベッドを使ったときのように、下から湿気が抜けていきます。

床にマットレスを敷くなら、ぜひ試してみてください。

寝るときの汗は意外に多い

マットレスを床に敷くときは、すのこを使ってきちんと湿気の対策をしなければなりませんが、そこに疑問を感じてしまう人もいます。

というのも、寝ているときは発汗が少ないイメージがあるため、それほど心配しなくても、湿気がたまることはないように思えてしまうからです。

確かに、寝ているときは、あまり体を動かしません。

無意識のうちに寝返りをうつことはあっても、起きているときのように激しく動くようなことはないため、「そんなに汗はかかないだろう」と楽観的に考えてしまいますが、それは間違いです。

人間が寝ているときは、意外なほど多くの汗をかいているものです。

自分ではそれほど発汗がないように感じていても、実際にはコップ1杯分くらいの汗がマットレスに染み込んでいることもあります。

夏は特に多くなりますが、他の季節でも油断は禁物です。

マットレスを床に敷くときは、そうした汗による湿気を少しでも減らすために、しっかり対策をしていきましょう。




カビやダニを防ぐ

マットレスを床に敷くとき、すのこを使った湿気対策をしていると、カビやダニの発生を防ぐことにもつながります。

カビやダニが繁殖するためには、なるべく湿度の高い環境が必要であり、湿気の逃げ道がないジメジメしたマットレスは、最適な場所になってしまいます。

それを防ぐためには、直に置くのではなく、すのこを使って隙間をつくり、湿気を逃がす方法がおすすめです。

カビもダニも、健康に悪影響を与える可能性が高いので、十分に注意してください。

アレルギー対策のために

マットレスにカビやダニが発生した場合は、アレルギーの問題が出てきます。

ダニは、マットレスの中で息絶えることも多いですが、すでに動かなくなっていても、それが原因でアレルギーを引き起こすことはよくあります。

また、カビの場合は胞子が原因になります。

カビからは、花粉よりもさらに小さい胞子が出てきますが、それを吸い込んだ場合、アレルギーの症状が出てしまうのです。

そんなことになれば、快適に眠ることはできません。

健康を維持し、毎日ぐっすり眠るためには、すのこを使って空気の通り道をつくり、常に湿気の少ない状態にしておきましょう。

ひどいときはクリーニング

ダニもカビも、あまりにひどいようなときは、湿気を減らした程度ではどうにもなりません。

カビを拭き取ったり、掃除機で吸いこんだりする手入れにも限界があります。

もしそんなことになったら、無理をせずクリーニングに出しましょう。

プロに任せておけば、自分では難しい部分もきちんと掃除してくれるので、かなりきれいになります。

お金はかかりますが、中途半端な手入れだけではアレルギーを防ぐことができないので、クリーニングもしっかり利用していきましょう。




臭いを防ぐ

マットレスの床置きですのこを使うと、嫌な臭いを軽減できるというメリットもあります。

汗が染み込んだジメジメしたマットレスは、長く使っているうちに、どうしても臭いが出てくるものです。

そんなマットレスに寝ていたのでは、とても熟睡することはできません。

臭いの発生を防ぐためには、マットレスの通気性をよくして、湿気が少ない状態にしておく必要があります。

そのためには、やはりすのこがおすすめです。

床に直接敷いていると、汗がこもったままになってしまい、臭いを防ぐことは難しくなります。

しかし、すのこを使って常に通気性をよくしておけば、汗による湿気を逃がすことができるため、臭いの軽減につながるのです。

汗を吸い取ることも大切

床に置くマットレスの臭いを防ぐためには、すのこと一緒に、敷きパッドを使うことをおすすめします。

マットレスの上に敷きパッドを重ねておくと、汗をしっかり吸い取ってくれるので、中に湿気がこもることは少なくなります。

そうしておけば、臭いが発生しにくくなるのです。

ただし、汗を多く吸い取るということは、それだけ汚れやすいということなので、こまめに洗濯ができるものを選びましょう。

敷きパッドが臭いを出していたのでは、マットレスに問題がなくても、眠りを妨げてしまいます。

睡眠不足にならないためには、いつも清潔なものを使うようにしてください。




へたりを防ぐ

すのこを使ってマットレスの湿気を抑えることは、へたりを防ぐためにも有効な方法です。

湿気とへたりは、一見すると関係が薄いようですが、マットレスを長持ちさせるためには、かなり重要なポイントになります。

ここで問題になるのは、マットレスの反発力です。

湿気が多量に蓄積された場合、カビやダニ、臭いなどの他に、反発力が低下するというデメリットも発生してしまいます。

そのため、体が必要以上に沈み込んでしまい、通常よりもへたりやすくなるのです。

たとえ高反発マットレスを使っていたとしても、本来の反発力が大きく低下するようなことになれば、へたりを防ぐことは難しくなります。

できるだけ長く使っていくためにも、すのこによる対策はしっかり行いましょう。

へたりを防いで腰痛も回避

へたったマットレスは、体が不自然に沈むことで、腰に負担をかけることがあります。

そのため、無理に使い続けていると、腰痛になってしまう可能性が高いのです。

腰痛になれば、睡眠中だけでなく、起きているときも困ることになるので、なんとか避けなければなりません。

そのためにも、すのこでマットレスの湿気を逃がし、本来の反発力をしっかり維持するようにしましょう。

反発力が低下しなければ、マットレスのへたりが起こることはなく、腰を痛める心配もありません。




まとめ

マットレスを床で使うときは、何もせずただ敷いたりすると、湿気がどんどんたまってしまい、ぐっすり眠ることができません。

そんなときは、ぜひすのこを使ってみてください。

ジメジメした不快感を軽減し、カビやダニの発生を防ぎ、臭いやへたりなどもしっかり抑えることができれば、睡眠を邪魔する要素はほとんどなくなります。

ベッドが使えなくても、湿気の対策をきちんと行っていれば、快適に眠ることができるのです。