マットレスを劣化させる使い方とは?避けたい5つのNGポイント

MyeFoam 新世代健康マットレス 高反発 寝返りサポート 体圧分散 快適睡眠 腰楽 底付なし コンパクトに畳んで収納できる 持ち運び便利 通気性抜群 防ダニ 抗菌 おりたたみ 洗える シングル 100x200x3cm 高密度30D 硬め200N

マットレスは、毎日の睡眠のために欠かせない寝具のひとつであり、大切に扱わなければなりません。

劣化を促進させるような間違った使い方をしていると、体に負担をかけてしまうことがあります。

また、何度も買い替えが必要になるようだと、出費も大きくなってしまうのです。

それを防ぐためには、マットレスによくないNGなポイントを把握し、確実に避けるようにしましょう。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




踏み台にする

マットレスの劣化を防ぎ、なるべく長く使っていくためには、決して乱暴な使い方をしてはいけません。

どんなものにでも当てはまることですが、正しい方法で丁寧に扱わなければ、劣化を抑えることはできないのです。

そこで注意したいのが、マットレスを踏み台として利用することになります。

例えば、高いところにあるものを取りたいとき、マットレスがすぐ近くにあれば、それを踏み台にして手を伸ばすことを考えてしまいますが、それはNGな行動です。

マットレスの上に立つと、足を乗せた部分だけが極端に沈み込むことになり、中のスプリングに余計なダメージを与えてしまいます。

そんなことになれば、へたるのが早くってしまい、とても長持ちさせることはできません。

これを避けるには、多少面倒でも、別に踏み台になるものを用意してください。

マットレスは、あくまでも寝るためのものなので、それ以外の用途で乱暴な使い方をしないようにしましょう。

子供の遊びにも注意

マットレスは、子供がピョンピョンと飛び跳ねて遊ぶこともありますが、劣化を防ぐのであれば、それも避けるべきことになります。

たとえ子供であっても、上に乗って飛び跳ねたりすれば、かなり大きなダメージを負ってしまうことがあるのです。

無駄に負担をかけたりしないように、常に注意して使っていきましょう。




同じ面だけを使う

マットレスのへたりを防ぐのであれば、ずっと同じ敷き方で、同じ面ばかりを使うのもNGになります。

同じ部分に毎日体を乗せていると、どうしてもそこだけに圧力が集中するため、凹みやすくなってしまうのです。

そうなれば、体が不必要なほど沈んでしまい、自然に仰向けの姿勢をとれなくなってしまいます。

これは、楽に眠れないだけでなく、腰痛の原因もになるので、健康のためにも避けなければならないポイントです。

また、同じ面だけを使う方法は、裏面が常に湿気をため込んでしまうのもデメリットになります。

マットレスの裏は空気が通らないので、湿気がこもりがちであり、いつも同じ面だけが裏になっていると、余計に蓄積されてしまうのです。

湿気は、カビやダニの繁殖を助けてしまうので、なるべく減らさなければなりません。

そのためにも、同じ面だけを使うのは避けるようにしましょう。

ローテーションがおすすめ

マットレスのへたりや湿気の蓄積を防ぐのであれば、ずっと同じ敷き方にするのではなく、定期的にローテーションさせるべきです。

裏表や上下を入れ替えて、体重がかかる部位を変更しながら使っていれば、どこか一点に圧力が集中することはありません。

適度に分散させれば、へたりを遅らせることができるのです。

また、同じ面だけを裏にするのではなく、ときどきは表にして空気に晒すようにすると、湿気の蓄積も軽減することができます。

1~3か月くらいを目安に敷き方を変えて、マットレスの劣化をしっかり抑えていきましょう。




湿度の高い場所で使う

マットレスをローテーションさせていたとしても、使う場所が常にジメジメしていたのでは、湿気の蓄積を軽減する効果は弱まってしまいます。

なるべく長持ちさせるためには、マットレスを置く場所の湿気も、しっかり取り除かなければなりません。

そのために注意したいのは、やはり換気です。

閉めきった部屋の中には、湿気がこもりやすくなってしまいます。

そうならないように、ときどき換気を行い、新鮮な空気を入れるようにしましょう。

部屋の中の湿気を逃がし、湿度が低い状態にしておけば、マットレスへの蓄積も少なくなります。

配置にも注意

マットレスの湿気を軽減するためには、部屋全体の換気だけでなく、「どの位置に設置するか」ということも、重要なポイントになります。

避けておきたいのは、壁際に寄せて、ぴったりとくっつけるように配置してしまうことです。

その方法だと、空気の通り道を狭めることになり、湿気がたまりやすくなってしまいます。

なるべく湿気を逃がすためには、壁に密着させるのではなく、少し離しておくようにしましょう。

ある程度離して、空気が通るようにしておけば、湿気の蓄積を抑え、長く使うことができます。




敷きっぱなしにする

マットレスの湿気を軽減し、長持ちする使い方をするのであれば、敷きっぱなしにするのはよくありません。

湿度の低い場所でローテーションさせながら使えば、かなり湿気をとばすことができますが、より完璧な対策をするのであれば、干すことが重要になります。

定期的に干すようにすると、マットレスをしっかり乾燥させることができるので、湿気によるデメリットを防ぐには最適です。

3か月に1回くらいは天日干しにして、日頃の湿気をとばすようにしましょう。

そのときのコツは、晴天で少し風のある日を選び、10~14時の時間帯を狙うことです。

最も日光が当たりやすいタイミングで、さらに風に晒すことができれば、乾燥の効果をより高めることができます。

天日干しできないものは陰干しで

マットレスは、どんなものでも天日干しにできるわけではありません。

例えば、高反発のマットレスによく使われているウレタンは、日光で劣化が早まります。

そのため、天日干しにしてしまうと、長持ちさせるどころか、寿命をどんどん縮める結果になってしまうのです。

したがって、マットレスを干すときは、安易に日光の下へ出してはいけません。

干す前に説明書を読み、本当に天日干しができるかどうか、よく確かめてください。

もし日光に当てるのがNGな場合は、その場に立てかけ、陰干しにするのがおすすめです。

窓を開けるなどして風通しをよくすれば、日光が当たらない場所であっても、干すことは可能になります。

「きちんと天日干ししたのに寿命が短かった」という失敗が起こらないよう、十分注意してください。




何も敷かずに寝る

マットレスは、上に布団を重ねたりせず、直接寝るのが基本になります。

その方が、体圧分散などの効果をしっかり得ることができるのです。

ただし、何も重ねないことと、むき出しのまま使うことは別なので、シーツやベッドパットはしっかり敷いてください。

直接寝るというポイントを勘違いして、むき出しのままで使ってしまう人もいますが、それはNGな方法です。

何も敷かずに寝た場合、汗が直に染み込んでしまうので、湿気の蓄積を促進させることになってしまいます。

寝るときも汗はかいている

人間が睡眠中にかく汗は、意外と多いものです。

ただ寝るだけなら、それほど発汗が多くなることはないように思えますが、多いときはコップ1杯くらいの汗が出ていることもあるので、油断してはいけません。

マットレスの湿気を減らして長持ちさせるためには、汗を吸ってくれるシーツやベッドパットをうまく利用して、しっかり対策をしていきましょう。




まとめ

マットレスをできるだけ長持ちさせるためには、適当な使い方をしてはいけません。

むやみに劣化を早めるような使い方は避けて、大切に扱うようにしましょう。

そのためにも、ここで紹介したNGポイントは、しっかり頭に入れておいてください。

普段から正しい使い方を心がけていれば、マットレスの劣化を抑え、長く使うことができるのです。