マットレスを床に置きたいときはどうする?4つの注意点

IKSTAR 新世代健康マットレス 高反発 シングル 100x200x5cm 体圧分散 快眠 腰楽 RoHS安全基準クリア 最適な5cm厚さ 底付なし コンパクトに収納可能 通気性抜群 洗える 敷布団 ベッドマット【メーカー正規品・1年保証】

マットレスは、基本的にベッドで使うものであり、湿気の蓄積を防ぐなら、フローリングの床に敷くのは、あまりおすすめできません。

しかし、ベッドを使えない事情があったりすると、床に敷かなければならないこともあります。

そんなときは、きちんと対策をして、正しい方法で使うことが大切です。

では、マットレスを床に置くときの注意点について、詳しく説明していきましょう。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




除湿シートを使う

マットレスを床に敷くのであれば、なんとか湿気対策をしなければなりません。

フローリングの床に直置きしたときは、ベッドに敷くよりも湿気がたまりやすくなってしまいます。

床に敷いたときに問題となるのは、温度差による結露です。

フローリングの床が冷えきっていても、そこに敷いているマットレス自体は、体温で温かくなっています。

すると、マットレスと床の間に、結露が発生してしまうのです。

そんなことになれば、湿気がどんどん蓄積されることになります。

特に、気温が下がる冬は要注意です。

マットレスの湿気が多くなるのは、ジメジメした蒸し暑い夏のようなイメージが強いですが、冬でも湿気の被害は起こりやすくなります。

寒い時期は、床がとても冷たくなってしまうので、温かいマットレスとの温度差が激しく、結露が多く発生してしまうのです。

それを放置しているとカビが生えてしまうので、対策はしっかり行うようにしましょう。

マットレスと床の間の湿気を取り除くなら、除湿シートがおすすめです。

マットレスの下に敷く

除湿シートは、マットレスの下に敷いておくことで、湿気を吸い取ってくれる便利なアイテムです。

普通にマットレスだけ敷いていると、結露でどうしても湿ってしまいますが、除湿シートを挟んでおくことで、余計な水分をしっかり吸収してくれるのです。

除湿シートは、使い捨てではなく、乾かせばまた使うことができるので、頻繁に買い替える必要はありません。

吸湿センサーを備えたものなら、色の変わり具合によって、吸収した水分の量がわかるので、乾燥が必要なタイミングも判断しやすくなります。

床に直置きしたマットレスの湿気を軽減するなら、ぜひ試してみてください。




すのこを使う

マットレスの裏にまったく隙間がない状態だと、湿気の逃げ道が塞がっているため、どうしてもジメジメしてしまいます。

そのため、床と完全に密着してしまうようだと、なかなか湿気を軽減することができないのです。

これは、普通のフラットな天板になったベッドでも同じです。

ぴったりと密着して隙間がなくなってしまう状態は、マットレスにとってよい環境ではありません。

除湿シートを使えば、いくらか湿気を減らすことができるとはいえ、より少なくするなら、やはり通気性は確保しておきたいところです。

そんなときは、すのこを利用しましょう。

マットレスをそのまま床に置くのではなく、まずすのこを設置し、その上に重ねてください。

そうすることで、マットレスの下に隙間ができ、湿気を逃がしてやることができます。

普段から湿気を少なくしたいなら、ぜひおすすめです。




起きたら立てかける

マットレスを床に直置きするなら、敷きっぱなしにしておくのはよくありません。

敷いたままにしておくと、湿気がこもりやすくなります。

これは、すのこを使ったときでも重要なことです。

すのこの上にマットレスを乗せる方法なら、確かに通気性は向上しますが、数センチの隙間くらいでは、完全な対策にはなりません。

そのため、湿気の逃げ道があるとしても、それだけで安心してはいけないのです。

湿気を減らす工夫をいくつか組み合わせることで、より効果的な対策をすることができます。

そこでおすすめなのが、マットレスをその場に立てかけておくことです。

敷きっぱなしにせず、こまめに立てておくようにすると、マットレス全体が空気に触れるため、湿気がたまりすぎる心配はありません。

起きたら必ず立てるようにして、寝ているとき以外は、常に乾燥しやすい状態にしておきましょう。

換気も忘れずに

マットレスを立てかけるといっても、部屋の中がジメジメしていたのでは、あまりよい効果を得ることはできません。

せっかく立てかける対策をするなら、換気をして、部屋の中も乾燥させるようにしましょう。

おすすめは、朝起きたときに窓を開けて、少し換気の時間を設けることです。

こもった湿気をある程度逃がしておけば、立てかけることによる湿気対策は、より高い効果を発揮してくれます。

細かいことですが、カビを繁殖させないためにも、しっかり換気してください。

ローテーションさせる

普段からマットレスの湿気を少なくしておくには、マットレスの裏表や上下を入れ替える方法もおすすめです。

そうすれば、すべての面を空気に晒すことができるため、どこか一点に湿気が集中するようなことはなくなります。

また、体重をかける部分を定期的に変えていれば、へたりを防ぐことにもなります。

マットレスを長持ちさせるためには、ぜひ試してみてください。




しっかり干す

マットレスを床に敷く方法は、普通にベッドを使うよりもデメリットが大きいので、立てかけておくだけでなく、定期的に干すことも必要になります。

大きいものや厚いもので、移動させるのが難しいならともかく、動かせるものを使っているのであれば、日当たりのよい場所に出して、しっかり天日干しをしてください。

日光の力を借りれば、マットレスの湿気を大幅に減らすことができます。

ただし、動かせるマットレスだったとしても、すべてのマットレスが天日干しに対応しているわけではないので、干すときは注意してください。

マットレスの中には、日光を浴びることで劣化する素材を使っているものがあります。

それを天日干しにしてしまうと、寿命を縮めてしまう恐れがあるのです。

ウレタンを使った高反発マットレスなどは、天日干しをすることができないので、うかつに外に出さないようにしましょう。

失敗を確実に防ぐためには、マットレスを干す前に、必ず説明書などを確認することが大切です。

もし日光がNGだった場合は、無理に天日干しにするのではなく、陰干しで乾燥させてください。

三つ折りを選ぶ

これから床に敷くマットレスを選ぶという人は、干すときのことを考えて、最初から動かしやすいものを選んでおくのもよい方法です。

せっかく天日干しできるものでも、動かすのが難しいようだと、なかなか干すことができません。

また、その場に立てかけることができたとしても、そのたびに大変な苦労をしなければならないようでは、干すことを躊躇してしまう可能性があります。

それを避けるためには、三つ折りのマットレスがおすすめです。

三つ折りのものは、畳むとコンパクトになり、他のマットレスほど重さもないため、干しながら使うには最適なマットレスになります。

移動して天日干しにするのも、その場に立てかけて陰干しにするのも、三つ折りマットレスなら簡単です。

床に敷くマットレスを探すときは、こうした扱いやすさもチェックして、しっかり湿気の対策ができるものを選ぶようにしましょう。




まとめ

マットレスを床に敷くときは、湿気をためこまないために、いろいろと工夫をしなければなりません。

それを怠っていると、カビやダニが繁殖したり、嫌な臭いがしてきたりするので、快適に眠ることができなくなってしまいます。

どうしても床に敷かなければならないときは、ここで紹介した注意点を参考にして、しっかり対策を行ってください。