マットレスを陰干しにするとどうなる?  日陰で乾燥させる5つのメリット

マットレスは、快適に眠るためには、なくてはならない寝具のひとつです。

これを使うときは、ただ敷きっぱなしにしておくのではなく、きちんと手入れをしながら使う必要があります。

そこでおすすめなのが、風通しのよい日陰を利用して乾燥させる、陰干しです。

ここでは、陰干しの5つのメリットについて、詳しく説明していきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




日光による劣化を防ぐ

陰干しは、「日光を当てずに乾燥させる」ということが重要なポイントになります。

マットレスを干すときは、洗濯物などと同じように、日当たりのよい場所で天日干しにする方法もありますが、それがすべてのマットレスに対して有効なわけではありません。

一口にマットレスといっても、商品によってさまざまな特徴があり、その中には日光で劣化するものもあります。

高反発マットレスに使われているウレタンは、日光に弱い素材なので、天日干しは避けなければならないのです。

そうなると、手入れをすることができなくなってしまいそうですが、心配する必要はありません。

日光に弱いマットレスを長持ちさせるために最適な方法が、陰干しにすることなのです。

陰干しは、日光を使わずに乾燥させる方法なので、ウレタンを使ったマットレスであっても、干すことで劣化させたりはしません。

説明書を見て、そのマットレスが天日干しできないものだった場合は、ぜひ陰干しを試してみてください。

風通しのよい場所で

陰干しは、日陰で乾燥させることができるため、高反発マットレスなどの日光に弱い商品でも、余計なダメージを与えずに手入れをすることができます。

ただし、その効果をしっかり得るためには、外してはいけない条件があります。

それが、風通しのよさを確保することです。

日陰での乾燥が可能になるのは、その場所に空気の流れがあるからです。

例えば、日光が当たらない閉め切った部屋の中だと、ウレタンを劣化させることはないとしても、乾燥の方はまったく期待できません。

薄暗い密室の中は、どうしても湿気がこもりがちになってしまうため、何かを乾燥させるには向かないのです。

したがって、陰干しをするのであれば、完全に閉じた場所は避けて、必ず空気が流れている場所で行いましょう。

そうした場所であれば、日光がなくても十分に乾燥させることができます。




その場でできる

マットレスを陰干しにするときは、日光の当たる場所まで運ぶという作業がなくなります。

日の当たらない場所で、なおかつ風通しがよければ乾燥させることができるので、わざわざベランダに出す必要がないのです。

ただ立てかけておくだけでも、窓を開けてしっかり空気の流れをつくっておけば、湿気をとばすことができます。

そのため、ひとりで運ぶのが難しいときには、陰干しがおすすめです。

マットレスは基本的に大きいものなので、移動させるとなれば、人手がなければできないこともあります。

特に、腰痛対策などで重宝される極厚マットレスなどは、ひとりで動かすにはかなり無理があるものです。

しかし、部屋の外まで大きく移動させるのではなく、その場に立てかけるだけなら、それほどの労力は必要ありません。

使っているマットレスが動かしにくいものだったときは、ぜひ陰干しにしてみてください。

ベッドの周辺を片付ける

マットレスをその場に立てかけるときは、いきなり動かすのではなく、周りをよく見て、邪魔になるものがないか確認してください。

ベッドサイドランプなどは、マットレスを動かそうとしたときに、うっかり倒してしまうことが多いのです。

その場に立てかけるだけなら、大きく移動するわけではないので、「気をつけていれば大丈夫」と考えてしまうことも多いですが、自分の腕や体が当たってしまう可能性もあるので、油断は禁物です。

落としたり壊したりしそうなものは、きちんと片づけてから作業を始めるようにしましょう。




湿気の不快感を解消できる

マットレスを陰干しにして湿気をとばすと、ジメジメとした不快感を軽減することができます。

梅雨の時期などはよくあることですが、マットレスに多量の湿気が蓄積された状態だと、そのジメジメした感じが、快適な眠りを妨げてしまうことがあります。

また、無駄に湿気が多いマットレスは、夏場の蒸し暑さを余計に悪化させてしまうものです。

そうなると、ぐっすり眠ることができず、寝て起きたあとでも、いまいちすっきりできません。

睡眠不足になってしまうことも多いので、そうした湿気による不快感は、しっかり取り除いておくことが大切です。

健康的な生活をするためにも、積極的に陰干しをしていきましょう。

臭いの対策にもなる

ジメジメと湿ったマットレスは、そのまま放置していると、嫌な臭いがしてくることもあります。

マットレスに湿気がたまる原因には汗もあるので、手入れをしていないと、どうしても臭いがしてくるのです。

その場合も、快適な眠りを妨げることになります。

マットレスは、基本的に丸洗いすることができないものなので、臭いを防ぐためにも、しっかり乾燥させて湿気をとばすようにしましょう。




ダニやカビの繁殖を抑える

ダニやカビが繁殖するためには、できるだけ湿度の高い環境が必要になります。

そのため、敷きっぱなしで湿気をためこんだマットレスは、ダニやカビからすると、とても住みやすい環境になるのです。

しかし、ダニやカビには嬉しい環境でも、そこを寝床にする人間にとっては、眠りを妨げる不快な環境になります。

ダニやカビにまみれたマットレスに寝ていたのでは、健康にも悪影響を及ぼしてしまうので、しっかり対策をしなければなりません。

そのためには、定期的に陰干しをして、湿気の少ない状態を維持するようにしましょう。

ダニやカビにとって住みにくい環境になっていれば、繁殖を抑えることができます。

掃除機も忘れずに

しっかりとダニの対策をするなら、住みにくい環境にしただけでは、まだ不十分です。

マットレスのダニを取り除くのであれば、干すだけでなく、掃除機も利用しましょう。

ゆっくり丁寧に掃除機をかけるようにすると、マットレスの表面にいるダニと、その死骸や糞などを除去することができるのです。

また、ダニのエサとなる髪の毛やフケなども一掃できるので、繁殖を抑えるなら、ぜひ試してみてください。




凹みを防ぐ

マットレスの湿気をとばしておくことは、凹みを防ぐことにもつながります。

凹みと湿気は、一見するとあまり関係がないように思えますが、湿っているときの柔軟性の低下は、無視できない問題です。

湿気が蓄積されたマットレスは、本来の柔軟性を失ってしまうので、通常よりも凹みやすくなってしまいます。

長く敷きっぱなしにしているマットレスが凹んでくるときは、体重による圧力が同じ場所に集中すること以外に、湿気による柔軟性の低下も、かなり影響しているのです。

凹んでしまったマットレスを使っていると、寝ているときの姿勢が崩れ、腰痛を引き起こす可能性があるので、なんとか対策をしなければなりません。

そのためにも、陰干しはしっかり行うようにしましょう。

定期的に湿気をとばし、柔軟性のある状態を維持してください。




まとめ

マットレスは洗濯ができないものですが、だからといって放置していると、劣化が進み、寿命がどんどん縮んでいきます。

それを防ぐためには、定期的に陰干しをして、湿気の少ない状態で使うようにしましょう。

陰干しなら、日光に弱い素材にダメージを与える心配がないため、どんなマットレスにも有効な方法になります。

日光に弱いものでなくても、動かすのが難しいときなどは、ぜひ陰干で対応してください。