マットレス ふつう3つ折りは腰痛におすすめ!その魅力は適度な硬さ?

エアウィーヴ マットレス スマートZ シングル 三つ折り 厚さ9cm 1-151011-1

マットレスは寝心地に大きく関係しているだけではなく、健康に大きな影響を与えます。

そのため、腰痛に悩んでいる方は、マットレスの種類によって、腰痛が悪化する場合もあるので注意しなければいけません。

そこで腰痛に悩んでいる方におすすめしたいのが『マットレス ふつう3つ折り』です。

このマットレスは適度な硬さになっている上に、3つ折りタイプになっている事から、腰痛でも利用しやすくなっているので詳しく紹介します。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




マットレス ふつう3つ折りの特徴

本製品は腰痛でも利用しやすいポイントが3つあって、それが80Nの硬さ・3つ折りタイプ・ボリュームアップです。

そこで腰痛でも利用しやすいマットレスを探している方のために、この3つのポイントについて詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

80Nの硬さ

マットレスの硬さを表す単位として『N(ニュートン)』というものがあります。

このNの数値が大きいほどマットレスは硬くなっている事を表しているので、マットレスの硬さを知るヒントになります。

そして硬いマットレスの中には、200N近くになっているものがありますが、本製品は80Nの硬さになっているのです。

そのため、本製品は硬すぎず柔らかすぎない商品になっています。

実際に硬すぎるマットレスや、柔らかすぎるマットレスを利用していたら、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

そのため、腰痛に悩んでいる方には、80Nの硬さになっている本製品はおすすめです。

3つ折りタイプ

マットレスは湿気が溜まりやすい寝具なので、定期的にマットレスを立てかけて湿気があまり溜まらないようにする事が重要です。

しかし腰痛の方が大きなサイズになっているマットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまう事から、腰が痛く感じてしまいます。

所が本製品は、3つ折りタイプになっているので、コンパクトなサイズに折りたたむ事ができるのです。

そのため、本製品であれば、腰にあまり負担をかけないで、湿気対策を講じる事ができます。

ボリュームアップ

本製品は3つ折りタイプになっているだけではなく、マットレスの厚みが6cmしかないので、持ち運びしやすくなっています。

しかしマットレスの厚みが足りなければ、底つき感があるので、腰痛が悪化する恐れがあるのです。

そこで本製品は、他の寝具(マットレスや敷き布団)の上に敷いて、利用できるようになっています。

そのため、本製品は他の寝具と併用する事によって、ボリュームアップする事ができるのです。

そのような特徴があるので、底つき感のないマットレスで、持ち運びしやすい商品を探している方にも、本製品はおすすめです。




適度な硬さになっているメリット

本製品は適度な硬さになっていますが、硬すぎるマットレスや柔らかすぎるマットレスのデメリットを知らない方は多いでしょう。

そこで、どのようなデメリットがあるのか紹介するので、それが分かれば本製品を利用するメリットも分かるはずです。

硬すぎるマットレス

腰痛の方たちの中には、硬すぎるマットレスを好む方がいます。

なぜなら硬いマットレスは腰があまり沈み込まないようになっているので、腰にかかる負担を軽減できるからです。

ただし体重が軽い方が、硬すぎるマットレスを利用したら、身体が沈み込まないので腰が浮いてしまうケースがあります。

もしも腰が浮いてしまえば、腰周辺の筋肉が緊張してしまうので疲労物質が溜まってしまうのです。

そのような事になれば腰痛が悪化する恐れがあるので、適度な硬さになっているマットレスを利用するメリットは大きいです。

柔らかすぎるマットレス

硬すぎるマットレスを利用したら、腰が浮いてしまうのであれば、柔らかいマットレスを利用したい方はいるでしょう。

確かに柔らかすぎるマットレスを利用したら、体重が軽い方でも腰がある程度まで沈み込むようになるのです。

しかし柔らかすぎるマットレスは身体をホールドしやすくなるので、身体とマットレスの間で熱がこもりやすくなってしまいます。

そのような事になれば寝苦しく感じてしまうので、睡眠の質が低下する可能性があります。

そのため、柔らかすぎるマットレスも注意したほうが良いです。




商品情報の詳細

本製品が腰痛の方でも利用しやすくなっている所を分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、このマットレスを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

マットレスのサイズ

本製品はボリュームが足りないので、他の寝具と併用しなければ底つき感があるので、注意しなければいけません。

そのため、あなたが利用しているマットレスまたは敷き布団のサイズと本製品が合っているのか、把握する必要があります。

実際に本製品のサイズは、幅190×奥行90cm×高さ6cm(折りたたんでいる状態では幅63.3×奥行90×高さ18cm)になっているので、しっかりとサイズを把握してから購入して下さい。

カラーバリエーション

本製品が腰にかかる負担を軽減できるマットレスでも、自分の好みの合うカラーをしていなければ、購入したくないでしょう。

それでは本製品のカラーバリエーションはどうなっているのかと言えば、アイボリー・ブラック・ブラウンなどがあるのです。

アイボリーは清潔感のあるカラーなので女性たちから人気がありますし、ブラックはシックで落ち着いている事から男性から高い人気を集めています。

さらにブラウンは味わいのあるカラーなので、高齢の方たちにおすすめのカラーです。

驚きの低価格

本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、豊富なカラーバリエーションを用意しているので、高額なマットレスというイメージを抱いたかもしれません。

所が、本製品は意外にもリーズナブルな価格で販売されていて、楽天市場では送料無料で税込価格3,380円で購入する事ができます(2018年1月16日時点)。

実際にリーズナブルな価格で販売されているマットレスでも、5,000円前後になっている商品が多いのが実情です。

そのため、少しでも値段が安くなっているマットレスを探している方にも、本製品はおすすめです。




利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントばかりだったので、多くの方は「本当にそこまで魅力的なマットレスなのだろうか」と半信半疑かもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に魅力的なマットレスなのか参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は6cmしか厚みがなくても、それほど底つき感を抱かない方がいました。

ただし底つき感は個人差があるので、腰にかかる負担を考えたら、他の寝具と併用したほうが良いです。

そして本製品のカラーを満足している方もいて、この辺りは豊富なカラーバリエーションを用意している事が大きく関係しています。

そして寝心地がよくなっているのに、低価格で販売している所を気に入っている方もいました。

そのため、あまりお金をかけたくない方でも、本製品であれば気軽に購入する事ができます。

悪い口コミ

本製品を購入してみたら、自分が利用している敷き布団よりも小さいサイズになっている事に気づいてしまうケースがありました。

実際にサイズの合わない寝具と併用していたら、安定感が悪くなってしまうので、腰にかかる負担が大きくなってしまうので注意して下さい。

そして本製品を利用していたら、短期間でマットレスがへたってしまうケースもありました。

そのため本製品を利用する際には、定期的にマットレスの向きを変えて、重くなっている腰を支える部分を変えたほうが良いです。




まとめ

マットレスを選ぶ際には、自分の体重とマットレスの重さを把握する事が重要になります。

実際に体重が軽い方は柔らかいマットレスが合っていますし、体重が重い方は硬いマットレスのほうが合っています。

ただしダイエットや食事量によって、体重は簡単に変わってしまうので注意しなければいけません。

そのため、腰痛に悩んでいる方は体重で寝心地を左右されないように、適度な硬さになっている本製品はおすすめです。