マットレス シングル MTRF-Sは補助的な製品!その理由とは?

アイリスオーヤマ マットレス シングル MTRF-S

マットレスは、本来であれば、体を支えるための寝具です。

所が『マットレス シングル MTRF-S』は、他の敷き布団と併用したり、収納したりできるので、補助的に利用できる製品になります。

今まで、寝心地をよくするためにマットレスを購入してきた方にとって、補助席な製品を購入するメリットがあるのか、理解できないでしょう。

そこで、本製品を補助的に利用するメリットや、魅力などを紹介するので参考にしてみて下さい。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




マットレス シングル MTRF-Sの特徴

本製品は、寝心地と利便性を両立しているので、多くの方たちが利用しやすくなっています。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか紹介するので、見ていきましょう。

柔らかいマットレス

本製品は、反発力が低くなっていて『75N』になっています。

この『N(ニュートン)』とは、マットレスの硬さを表す記号です。

Nの数値が低くなっていたら、マットレスが柔らかくなっています。

そのため、本製品は柔らかいマットレスになっているので、体を優しく包み込むような使用感になっているのです。

実際に硬すぎるマットレスを利用していたら、体に刺激を与えてしまうので、体が痛く感じてしまう方は多くいます。

そのため、硬いマットレスが苦手な方には、柔らかくなっている本製品は、おすすめです。

敷き布団と併用可能

本製品は、マットレスの厚みが約4cmしかないので、底つき感が出やすくなってしまいます。

所が、本製品の上に敷き布団を敷いて利用する事が可能です。

実際に敷き布団と本製品を併用すれば、ボリュームアップするので、底つき感を緩和できます。

もしも、底つき感が出てしまえば、眠っている最中に体が痛く感じてしまうので、睡眠の質が低下してしまうのです。

そのような事を考えたら、ボリュームが足りない敷き布団を利用していて、体が痛く感じてしまう方は、本製品を補助的に利用する方法はおすすめです。

優れた収納性

マットレスは大型サイズなので、来客用のマットレスを保管する事は簡単ではありません。

所が、本製品は『三つ折りタイプ』になっているので、コンパクトなサイズにする事ができます。

そのため、友達や知人が宿泊した時の事を考えて、本製品を保管用として購入してみるのも悪くはありません。

そうすれば、友達や知人は気軽に宿泊する事もできるので、独り暮らしでホームシックになっている方は本製品を検討してみる価値があります。

軽量タイプ

本製品のようにボリュームが足りていない場合には、他の寝具と併用しなければ、底つき感が出てしまいます。

その代わり、本製品は軽量タイプになっていて、マットレスの重量がわずか1.23kgしかありません。

実は、マットレスは湿気がたまりやすい事から、定期的にマットレスを立てかけなれば湿気がたまっていくので注意する必要があります。

しかし、本製品のように軽量タイプになっていれば、気軽にマットレスを立てかける事ができるので、湿気対策を講じやすくなっているのです。




湿気対策を講じる重要性

本製品は湿気対策を講じやすくなっていますが、湿気がたまった場合のデメリットを知らない方は多いでしょう。

そこで、マットレスの湿気を取る重要性について紹介するので、参考にしてみて下さい。

寝返りの回数

マットレスに湿気がたまってしまえば、少しずつマットレスが湿っぽくなっていきます。

もしも、梅雨の時期や夏場の季節に、マットレスが湿っぽくなっていたら、寝苦しく感じてしまって、寝返りを打つ回数が増やしてしまう可能性が高くなります。

もしも、寝返りを打つ回数が増えてしまえば、体に大きな負担をかけてしまうので、腰痛や寝違いを起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

そのため、必要以上に寝返りを打たないように、湿気の対策を講じる事は重要です。

ダニの被害

住宅の中には様々な家具をそろえる事になりますが、その中でもダニが繁殖しやすいのが『マットレス』です。

なぜなら、ダニは湿気を好む習性があるからです。

そのため、マットレスの湿気対策を講じなければ、マットレスにダニが繁殖しやすくなるので注意しなければいけません。

もしも、ダニが繁殖するようになれば、ダニアレルギーを発症したり、肌を刺されたりするので、睡眠の質が低下しやすくなります。

そのような事を考えたら、睡眠の質を上げるためにも、定期的にマットレスは立てかけたほうが良いです。




製品情報の内容

本製品は、補助的に利用できるマットレスですが、へたり対策を講じておかなければ、寝心地が悪くなってしまいます。

そこで、製品情報の内容も紹介するので、参考にしてみて下さい。

へたり対策

マットレスは利用していくうちにへたっていので、本製品のようにボリュームがない製品は、特にへたり対策を講じる事は重要です。

実際に、定期的にマットレスの向きを変えて、重くなっている腰を支える部分を変えておけば、マットレスがへたりづらくなります。

もしも、マットレスの向きが分かりづらい場合には、片方のハジの部分に目印を付けておいて下さい。

そうすれば、どちらのほうが今まで頭側になっていたのか分かりやすくなるので、マットレスの向きを変えやすくなります。

リーズナブルな価格

敷き布団がへたった場合には、補助的に利用できる本製品を併用するのは重要ですが、値段が気になってしまう方は多いでしょう。

所が、本製品はリーズナブルな価格になっているので、多くの方たちが気軽に購入できるマットレスです。

実際に、本製品は、Amazonでは送料無料で、税込価格2,532円で販売されています(2018年6月16日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスは、値段が安い製品でも5,000円前後になっている製品が多いので、本製品はコストパフォーマンスが高い方の製品です。




利用者たちの満足度

本製品は利便性が優れているマットレスですが、実際に利用している方たちが満足しているのか、知りたい方もいるでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミも紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品と他の寝具を併用したら、ふわふわとした使用感になっていて、満足している方がいました。

そのため、今まで利用している寝具だけでは、底つき感が出てしまう場合には、本製品を併用してみる事をおすすめします。

さらに本製品は値段が安くなっているので、満足している方までいました。

この方は、来客用に利用していたら、友達に満足してもらえたので、来客用のマットレスとして検討してみる価値はあります。

否定的な口コミ

本製品を2ヶ月ほど利用していたら、マットレスがへたってしまって、不満を抱いている方がいました。

そのため、へたり対策を講じておかなければ、短期間で寝心地が悪くなってしまうので、注意して下さい。

さらに本製品のボリュームが足りなくなっている所を気になってしまう方がいたので、体重が重くなっている方は他の寝具と併用したほうが良いです。

さらに、本製品はあまり反発力がなくて不満を抱いている方もいたので、高反発マットレスを探している方も気を付けて下さい。




まとめ

本製品は、マットレスの厚みが、わずか4cmしかないので、他の寝具と併用する必要があります。

少し面倒に感じてしまう方は多いかもしれませんが、寝具を2つに分ける事によって、寝具を1つずつ分けて湿気対策を講じる事ができます。

そのため、寝具の重さを2つに分ける事ができるので、あまり体に負担をかけないで、湿気対策を講じる事ができるので利便性が優れているのです。