三つ折りボンネルマットレス 分割は腰痛でも利用しやすい?

タンスのゲン 三つ折り ボンネルコイルマットレス セミダブル 圧縮梱包 05190002 02

睡眠は、身体の疲れを取ってくれますが、腰痛の方はマットレスで横になっただけで、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、腰の疲れを取りたくも、腰痛の方は眠りづらくなっているので、頭を悩ませているでしょう。

所が、数多くあるマットレスの中には『三つ折りボンネルマットレス 分割』のように、腰痛でも利用しやすくなっている物があるのです。

そこでマットレスで横になっただけで、腰が痛く感じてしまう方のために、本製品について紹介するので、参考にしてみて下さい。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




三つ折りボンネルマットレス 分割の特徴

本製品は、腰にかかる負担を軽減できる『ボンネルコイル』を採用している上に『三つ折りマットレス』になっているので、湿気対策を講じやすくなっています。

実際に湿気対策を行う事は、寝心地に大きな影響を与えるので、身体の疲れを取る事もできるので、詳しく紹介します。

ボンネルコイル

腰痛でも利用しやすいマットレスとして『ポケットコイル』と『ボンネルコイル』が注目されています。

この2つのマットレスは、どちらとも体圧を分散する事ができるので、重い腰が沈み込みづらくなっているのです。

そのため、腰痛でも利用しやすくなっていますが、ポケットコイルはスプリングが1本ずつ独立しているので、マットレスが少し柔らかくなっています。

そのため、ポケットコイルを利用していたら、少し腰が痛く感じてしまう方がいるのです。

それに引き換えボンネルコイルは、スプリングが連結しているので、マットレスが少し硬くなっています。

そのため、ポケットコイルではマットレスが柔らかくて、腰が痛く感じる方には、ボンネルコイルを採用している本製品はおすすめです。

底つき感を緩和

ボンネルコイルを採用していれば、腰の沈み込みを抑えられますが、マットレスのボリュームが足りなければ、腰が痛く感じてしまいます。

なぜならマットレスのボリュームが足りなければ、腰が少し沈み込むだけで、底つき感があるからです。

そこで本製品は、マットレスの厚みが、約17cmもあるのです。

そのため、本製品を利用していれば、あまり底つき感がないので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

三つ折りマットレス

私たち人間は眠っている間に、寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、マットレスには多くの寝汗が染み込んでしまいます。

そのため、定期的にマットレスを立てかけて、湿気対策を講じなければ、マットレスが湿っぽく感じてしまうのです。

そのような事になれば睡眠の質が低下して、腰に疲労が溜まってしまう事から、腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

しかし重くなっているマットレスを立てかけようとしたら、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そこで本製品は三つ折りマットレスを採用する事によって、コンパクトなサイズにする事ができるので、あまり腰に負担をかけないでマットレスを立てかける事ができます。

分割タイプ

三つ折りタイプになっているマットレスは数多くありますが、本製品は3つに分割する事もできます。

そのためマットレスを他の場所へ移動させる時には、3つに分割しておけば、マットレスを軽くする事ができるので、腰にかかる負担を軽減できます。

このような分割タイプのマットレスなので、引越しをする際でも、簡単に持ち運ぶ事ができるのです。




睡眠の質を高めるポイント

腰痛の方は、睡眠の質を高めて、腰の疲労を軽減する事が重要になります。

しかし睡眠の質を高めるためには、いくつか抑えておかなければいけないポイントがあるのです。

そこで、どのようなポイントを抑えておけば、睡眠の質を高める事ができるのか、紹介するので確認してみて下さい。

就寝前の食事

腰痛に悩んでいる方たちの中には、マットレスで横になるだけで腰が痛く感じてしまうので、少しでも眠りやすい環境を整えたい方もいるでしょう。

しかし眠りやすい方法の中でも、食事をしてから、あまり時間を経過しないで眠ろうとする事は辞めて下さい。

なぜなら食事をした後は、胃の中では食べ物を消化しようと活動しているからです。

そのため、食事をしてから時間があまり経過していない時に眠ってしまえば、睡眠中に胃が消化活動をするので、睡眠の質が低下するので気を付けて下さい。

ブルーライト

現代人は、パソコンやスマホなどでインターネットを楽しんでから、眠ってしまう方がいます。

しかし、パソコンやスマホは『ブルーライト』と呼ばれる光を発しているので、睡眠の質を低下させる恐れがあるので注意しなければいけません。

このブルーライトは、健康面で悪い影響を与えてしまうので、就寝前にはあまりパソコンやスマホを利用しないほうが良いです。

どうしてもインターネットをしたい方は、夕方の時間帯にインターネットを楽しんで、それから3~4時間後に眠ったほうが良いです。




注意すべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすくなっていますが、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

その注意点を知らなければ、本製品を購入した後に後悔する可能性があるので、詳しく紹介します。

腰にかかる負担

本製品は三つ折りタイプになっているので、湿気対策を講じやすくなっていますが、折り目の所が腰に当たってしまえば、腰痛が悪化する恐れがあります。

そのため、三つ折りになっていないマットレスは、腰痛が悪化する可能性が低いのですが、折りたためないマットレスは湿気対策を講じる事が難しくなってしまいます。

そのため、マットレスの折り目が腰に悪い影響を与えてしまう場合には、マットレスの上に薄い布団を敷いて、腰にかかる負担を軽減したほうが良いです。

ローテーション

私たち人間が横になった時には、腕や足に比べて、腰が重くなっています。

そのためマットレスを利用していけば、腰を支えている部分がへたってしまうのです。

もしも、へたってしまったマットレスを利用していけば、腰がマットレスに沈み込んでしまうので注意しなければいけません。

しかし本製品は分割タイプになっているので、ローテーションで、腰を支えている部分を変える事ができます。

そのため、ローテーションにさえ注意すれば、長い間に渡って利用する事ができます。

コストパフォーマンス

本製品(シングルサイズ)は腰痛でも利用しやすいように作られている事もあって、ある程度までコストをかけている商品です。

そのため、楽天市場では、送料無料で税込価格8,990円で販売されています(2018年1月16日時点)。

実は、日本で販売されているマットレスの中には、5,000円前後で販売されている商品は多くあるのです。

そのため、腰痛でも利用しやすいマットレスでも、値段の高いマットレスを購入したくない方は注意して下さい。




利用者たちの満足度

本製品は腰にかかる負担を軽減できますが、値段が少し高くなっているので、このマットレスを購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

所が本製品を利用している方たちの多くは、このマットレスについて満足しているのです。

実際に本製品はボリュームがあるので、身体をしっかりと支えてくれる所を気に入っている方がいたので、ボリュームの足りないマットレスを利用していて、腰が痛く感じてしまう方には注目すべきポイントです。

さらにボンネルコイルを採用している事もあって、少し硬めになっている所を気に入っている方もいたので、柔らかいマットレスが苦手な方は本製品を検討してみる価値があります。




まとめ

本製品は値段が少し高くなっていますが、腰痛でも利用しやすくなっている事を考えれば、腰痛の方は検討してみる価値があります。

ただしマットレスのローテーションや湿気対策に注意しなければ、健康面で悪い影響を与えてしまうので注意しなければいけません。

実際にマットレスで湿気が溜まってしまえば、ダニが繁殖してしまうので、定期的にマットレスを立てかけるようにして下さい。