安く買えるけど!マットレストッパーだけで寝るのってあり?

マットレス トッパー 高反発&低反発の二層式【MLILY エムリリー】デンマーク生まれ  シングル 厚み5cm

マットレストッパーは、基本的にはマットレスと同じアイテムになります。

ただ唯一、マットレスと違うところは、マットレスと比べて薄さが薄いというところにあります。

そんな風にほとんど同じアイテムになるのですから、マットレストッパーだけで寝てもよいのではないかと思うこともあります。

でも実際それはアリなのでしょうか?

ナシなのでしょうか?



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




マットレストッパーだけで寝るのはナシ

まず結論から見ていくと、マットレストッパーだけで寝るのは、ナシだということになります。

マットレストッパーは、確かにマットレスと同じアイテムではあります。

しかし、マットレストッパーとマットレスとの唯一の違いが、実はすごく大きな違いになるのです。

マットレストッパーだと薄すぎる

マットレストッパーとマットレスの唯一の違いは、マットレストッパーは薄いということです。

マットレストッパーは、マットレスと比べてかなり厚みがありません。

マットレスの場合は、だいたい10センチとか20センチとかありますが、マットレストッパーの場合は、厚みのあるものでも7センチくらいになります。

厚みのないものにいたっては、3センチくらいしかないこともあります。

そうして厚みが全然ないと、やはりそれ一枚で寝た時に身体が痛くなってしまうようになります。

十分に身体を沈み込ませることができない

なぜなら、十分に身体を沈み込ませることができないからです。

十分に身体を沈み込ませることができないでいたら、やはり体重の負荷をうまく分散することができなくなります。

マットレスの一番のメリットはそれです。

ある程度体を沈み込ませて、しっかりと体重を分散していくことにメリットがあるのに、それができなくなったらマットレスである意味が無くなります。

そして実際、体重を分散していくことができないと、腰のあたりにすごく体重の負荷がかかるようになります。

しかもマットレストッパーは厚みがないわけですから、腰は固いベッドフレームに押し付けられることになってしまいます。

そうなったらやはり、腰が痛くなるのも当然です。

だから、マットレストッパーだけで寝るというのはおすすめできないのです。

確かにマットレストッパーであれば、マットレスを買うのの半額以下で買えるということも珍しいことではありません。

しかし、このようにそれにあまり良いことはありませんから、できれば避けていくのがおすすめです。




どうしてもトッパーしか買えないなら敷き布団を敷く

ただ、中にはどうしてもマットレスが買えないという方もいます。

今の時代、景気が良い方はすごく景気が良いですが、景気が悪い方はすごく景気が悪いです。

毎月の税金や光熱費だけでひぃひぃしてしまう方もたくさんいます。

だから、マットレスを買いたいと思っていても、なかなかそれが買えないという方もたくさんいます。

マットレストッパーだけで寝るのがダメなのであれば、そんな方はマットレスで寝ることはあきらめるしかないのでしょうか?

基本的にはそういう方は、マットレスで寝るよりも、布団で寝た方がよいです。

でも、どうしてもマットレスで寝たいのであれば、そのための方法もあります。

それが、敷き布団の上にマットレストッパーを敷くという方法です。

敷き布団でもある程度が厚みが出る

たとえ下に敷くのが敷き布団でも、そうして敷き布団を敷いていけば、その分だけマットレストッパーの下に厚みが出ることになります。

そうして厚みが出ていけば、その分だけ上に寝た時に、身体が下のベッドフレームのところまでたどり着かなくなる可能性が高くなります。

下にたどり着かなくなれば、固いところに押し付けられてしまって痛くなるということはなくなります。

だから、マットレストッパーの良さを感じられるようになるのです。

もしマットレスは買えないけどどうしてもマットレスを使用している気分を味わいたいときには、敷き布団の上にマットレストッパーをしていってください。

敷き布団はクッション性の高いものを

そこで使用する敷き布団は、なんでもよいわけではありません。

出来ればそこで使用する敷き布団は、クッション性の高いものを選んでいってください。

クッション性の高い敷き布団であれば、その上に寝た時に、下まで身体が届いてしまう可能性を特に少なくしていくことができます。

逆に敷き布団がやわらかいものである場合、あまり意味がなくなる可能性が高くなるので、その点には注意が必要です。

また、できれば敷き布団は少しでも厚みのあるものを選んでいってください。




トッパーも厚みのあるものを選ぶ

マットレストッパーも、当然厚みがあるものを選ぶの前提条件になります。

マットレストッパーで厚みがないものを選んでいってしまっていたら、やはりその分だけ身体が下についてしまう可能性も高くなります。

でも、マットレストッパーの厚みを、選ぶことができる最大の厚みにしておいて、そこにさらに敷き布団の厚みが加われば、それでなんとかなる可能性も出てきます。

だから、まず最低でも、マットレストッパーは厚みがあるものを選んでいかないとなりません。

厚みがあるものほど高いので注意

ただ、マットレストッパーは、厚みがあるものほど高くなります。

でも、最低でもここはけちることができません。

最悪マットレスは買えなくてもなんとかなることはありますが、マットレストッパーまでケチってしまうのであれば、それはもはやマットレストッパーを入れる意味が全然なくなってしまいます。

もしそうしてマットレストッパーを入れる意味がなくなってしまっていたら、それはもはやマットレストッパーにかけたお金がもったいなくなってしまいます。

マットレスがかえないからこうして苦肉の策で対応しているのに、マットレストッパーにかけたお金が意味がなくなってしまうなんて、そんなに残念なことはありません。

なので、そうならないように、最低でもマットレストッパーの厚みは確保しないとなりません。




あまり長くそれでいるのはおすすめしない

また、たとえマットレストッパーと敷き布団で、なんとか身体が下につくことを防ぐことができて、マットレスで寝ている気分を味わえたとしても、やはり敷き布団とマットレストッパーという状態で長い間寝ているというのはおすすめできません。

そもそも敷き布団は、ベッドフレームの上で使用するためのものではありません。

だから、ベッドフレームの上で使用していると、ぺちゃんこになってしまう可能性も高くなります。

ましてや上にマットレストッパーがかけられて、それで蓋をされているわけなのですから、ますますへたりやすくなります。

へたってしまうと、次第に身体が下につくようになってきてしまいます。

そうなってしまう前に、手を打つべきなのです。

マットレストッパーと敷き布団でなんとかしのぎながら、マットレスを買うためのお金を貯めるというのが、一番おすすめです。

そして少しでも早くマットレスを買ってあげて、それぞれを正しく使用できるようにしていってください。




まとめ

マットレストッパーだけで寝るというのは、基本的にはなしになります。

でも、どうしてもマットレスが買えなくて、それでもベッドフレームとマットレスで寝てみたくてというのであれば、その際には敷き布団にマットレストッパーを当てていくという方法で対処することができます。

長い間それで過ごすのだめですが、一時であればこうしのぐこともできるので、そうするのがおすすめです。