頭痛もちには高反発?高反発マットレスで頭痛が改善するのはなぜ?

朝起きたら頭痛がしているという方は、実は日本人にはたくさんいます。

かくいう私もその一人です。

そうして朝起きたら頭痛がしていると、気分も滅入るし辛いから、なんとかしていきたいものです。

そんな、朝の頭痛対策に効果的なのが、高反発マットレスなんです。

そこでここでは、高反発マットレスで頭痛が改善するのはなぜかということについてみていきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




筋肉がほぐれるようになるから

高反発マットレスで寝ていて頭痛が改善する理由としてあげられることは、一つではありません。

それにはいくつかの理由があるのです。

そしてそんな数ある理由のうちの一つとしてまず挙げられるのが、高反発マットレスで寝ていると筋肉がほぐれるようになるからだということです。

高反発マットレスの利点は、寝返りがしやすいことです。

低反発のマットレスの場合は、寝返りの為に力をこめたとしても、その力がそのままマットレスに吸収されてしまうことがあります。

そうしてマットレスにそのまま力が吸収されてしまうと、当然寝返りはできなくなります。

でも、高反発のマットレスであれば話は別です。

高反発マットレスの場合は、こめた力が、多少は吸収されるかもしれませんが、ある程度はかえってきます。

なので、それをエネルギーにして、寝返りをすることができるのです。

こうしてたくさん寝返りをしていけば、その分だけ筋肉はほぐれていきます。

筋肉がほぐれるということは、頭痛改善においてはすごく大切になります。

筋肉が固まると血行が悪くなる

なぜなら、筋肉が固まってしまうと、そのせいで血行が悪くなってしまうからです。

血行が悪くなってしまうと、それは痛みにつながります。

腰や肩の痛みとして現れることが多いですが、別にそれだけにしか現れないわけではありません。

頭痛としてそれが現れることもあるのです。

そういうことがあるので、できるだけ寝ている間にも筋肉を縮こめないようにしておかないとなりません。

でも、それはやはり寝返りをすることなしには難しいです。

それだけ寝返りは重要で、高反発マットレスはそんな寝返りをしやすくしてくれるわけなのですから、こと頭痛対策としては、すごくおすすめできるマットレスになります。

これだけの理由でも、十分おすすめに足ります。




頭の位置が下がりすぎないから

頭の位置が下がりすぎないというのも、高反発マットレスで頭痛が改善する理由になります。

低反発のマットレスの場合は、やはり重たいところが沈んでいきます。

人の体の中で重たいところとはやはり、足や腰、そして頭になります。

だからそういったところは下がり気味になるのです。

もちろんどう下がるかというのは、寝姿勢やそのひと自身のバランスによるところもあります。

それで頭が下がってしまうこともあるのです。

そうして頭が下がってしまうと、頭の周りの血行はどんどん悪くなっていきます。

結果、筋肉が固まってしまう時同様に、頭痛がしてきてしまうというわけです。

それを防ぐためには、頭の位置を下げすぎないように、つまり沈み込ませないようにすることが大切。

それが可能なのが、高反発マットレスだというわけです。

適度なカーブも維持できる

頭がムダに沈み込まなければ、首の適度なカーブも維持できるようになります。

それもまた、頭痛対策として効果的なことです。

首が頭の重さを支えることができているのは、適度なカーブを維持して、それによりうまく頭の重さを分散しているからです。

でも、頭の位置が下がった状態で寝ていたら、次第に首はまっすぐになっていってしまいます。

そうして首がまっすぐになると、そのせいで頭の重さを筋肉でカバーするしかなくなります。

筋肉でカバーしていけば、当然首回りはこります。

そして血行が悪くなり、結果頭痛につながってしまうのです。

そうならせないためにも、頭の位置を下げないということは重要なポイントになります。




快適に眠れるようになるからでもある

高反発マットレスに変えて頭痛が改善するのは、快適に眠ることができるようになるからでもあります。

低反発のマットレスの方が、寝心地はよさそうに見えるものですが、じつはそれは間違いです。

確かに、単純にそれに乗ったときの気持ちよさで言えば、高反発マットレスよりも低反発のマットレスの方が快適です。

しかし、あくまでも睡眠は何時間もその上で過ごさないとならないものになります。

何時間も過ごしていると、次第に低反発マットレスよりも高反発マットレスの方が快適になるのです。

それがなぜかわかりますでしょうか?

それは、低反発のマットレスは通気性が悪いからです。

つまり、ずっとその上で寝ている間に蒸れてしまうのです。

ましてや低反発のマットレスは、寝返りもしづらいもの。

寝返りがしづらいのに、その上通気性まで悪いとなると、その上で寝ていても次第に不快になるのは当然です。

だから、高反発マットレスの方が快適に眠ることができるのです。

睡眠不足は頭痛につながる

そうして身体が蒸れてしまったりして、あまり深い睡眠に入ることができないでいると、結果的に睡眠不足になります。

睡眠不足は、実は頭痛につながるものなのです。

だからそうして、朝起きたら頭痛がしているということもあります。

高反発マットレスに変えて、しっかりと深く眠ることができるようになれば、その分だけ睡眠不足はなくなります。

時間的には別に変わらないように思えても、質が全然違ってくるので、睡眠不足ではなくなるのです。

たいせつなのは、量より質。

それは、睡眠時間においても変わらないということです。




体重を分散できるということも大きい

高反発のマットレスで頭痛がしなくなったというのは、体重を分散することができるようになったからでもあります。

低反発のマットレスは、全体的に体を沈み込ませてはくれるものの、触れているところをしっかりと支えてくれるわけではないので、基本的には腰や肩などに深く体重の負荷がかかります。

でも、高反発マットレスの場合は、少しだけ身体を沈めて、身体とマットレスが触れるところを増やしたら、その触れているところをしっかりと反発力により支えてくれるようになります。

だから、肩や腰だけにかかっていた負荷をうまく分散することができるようになるのです。

そうしてその負荷を分散することができたら、肩や腰の筋肉に力が入ることもなくなります。

その分、そのあたりの血行が悪くなりづらくもなるのです。

そうすれば当然頭痛もしづらくなります。

頭にかかる重みも分散できる

その体重の負荷は、当然頭にもかかります。

でも、その頭にかかる重みも当然分散していけます。

それもまた、頭痛改善の為に効果的なことになります。

頭だって、ずっと強く枕に押し付けられていたら、その分結構もわるくなります。

それにより頭痛が発生しているということもあるのです。

でもこうしてしっかりと体重を散らしていければ、それも解決です。

頭痛持ちで悩んでいる方は、一度マットレスを高反発のマットレスに変えてみることをおすすめします。

それだけで改善することもありますから。




まとめ

高反発マットレスが頭痛の改善に効果的だというその理由は、意外といろいろな角度からの理由になります。

ということはつまり、幅広い方の頭痛に対して効果的だということです。

だからぜひ、高反発マットレスを試していただきたいです。

比較的にお値段も張ることが多いですが、そうしてお値段をかけるだけの価値はあるものです。