高反発マットレスは大切に使おう!手入れの方法を紹介

高反発マットレスは、その確かな反発力で体をしっかり支えてくれるので、体の負担を軽減するには、とても便利な製品です。

しかし、日常的に使っていく中では、汚れてしまったり、へたってしまったりすることもあるでしょう。

そのため、長く使うためには、手入れの方法も知っておかなければなりません。

ここでは、高反発マットレスを大切に使うための、手入れの方法を紹介していきます。



こちらの記事でもおすすめ腰痛対策マットレス製品を紹介していますので参考にして下さい。




干す

高反発マットレスは、基本的に洗うことができません。

そのため、手入れをする際に最も重要となるのは、定期的に干して湿気をとばすことになります。

マットレスは、長く敷いていると、空気が触れない下側を中心に湿気が蓄積されてしまい、カビやダニを発生させてしまいます。

湿度が高い状態は、それらの繁殖には最適なのです。

カビやダニは、かゆみやアレルギーなどの原因になるものであり、マットレスで繁殖してしまえば、とても快適に眠ることはできません。

そのため、1か月に1回はベッドから起こし、空気にさらして湿気を取り除くことが大切なのです。

陰干しがおすすめ

高反発マットレスを干すなら、天日干しではなく、陰干しにするとよいでしょう。

その方が劣化を抑えられるので、手入れとしてはおすすめです。

これには、高反発マットレスに多く使われている、ウレタンの性質が関係しています。

ウレタンは日光に弱い素材であり、直射日光に当てると、だんだん耐久性が落ちてくるのです。

そのため、天日干しを繰り返していると、長持ちどころか、逆に劣化を加速させることになってしまいます。

このようなトラブルを避けるには、なるべく日光が当たらない干し方が必要であり、それには、室内でもできる陰干しが最適なのです。

陰干しは、風通しをよくしておけば、日当たりのよい場所に出さなくても、その場で行うことができるので、作業も簡単に済みます。

大きくて動かせないマットレスなら、下に本などを挟んでベッドから浮かせ、空気を循環させてやれば、十分に湿気をとばすことができるでしょう。




拭く

高反発マットレスの主な手入れは、洗うことではなく、干すことです。

しかし、長く使っていく中では、何かこぼしたり、染みができたりしてしまう可能性もあるでしょう。

そんなとき、ただ干すだけでは、とても対応できません。

そこでおすすめなのが、干す前に汚れを拭くことです。

気になる汚れがあったら、水を染み込ませた布などで、その部分を丁寧に擦ってください。

ただし、強く擦るのではなく、優しく撫でるように擦るのがコツです。

なるべくきれいに汚れを落とそうとすると、強く擦りたくなりますが、それでは、マットレスの表面を劣化させる恐れがあります。

ちょっとした汚れなら、それほど力をいれなくても、優しく何度か擦るだけで、十分に対応できるでしょう。

そのあとは、風通しのよい場所に干して乾かせば、きれいに汚れが落ちているはずです。

洗剤を使う

少し汚れた程度なら、濡れた布で拭くだけでも落とすことは可能ですが、ペットの尿などは臭いもあるので、それだけでは不安が残ります。

そんなときは、中性洗剤を使ってみましょう。

まずは、濡れた布でおおまかに汚れを落とし、次に、少し薄めた中性洗剤を、汚れた部分に染みこませます。

それから拭くようにすると、洗剤の効果で、厄介な汚れでもきれいに落とすことができるのです。

なるべく染みができないようにするなら、汚れたあと、時間が経過しすぎないうちに、素早く行ってください。

ただし、あまりにもひどい汚れの場合は、洗剤を使っても落とせない可能性があります。

そのときは、プロの力を借りることも必要になるでしょう。




掃除機をかける

高反発マットレスの手入れをする際、ダニの対策をしたい場合には、掃除機をかけるとよいでしょう。

掃除機をかけることで、生きているダニはもちろん、死骸やフン、卵までも一掃することができるのです。

また、ダニのエサとなる、人間の垢やフケなども除去できるので、繁殖を抑えることにもなります。

この方法は、ダニ用に特化した掃除機などではなく、家庭にある普通の製品で十分な効果があるので、とても手軽にできることもメリットです。

ただし、作業を始める前に、掃除機のヘッドが汚れていないかどうか、よく確認してください。

汚いまま使った場合、ダニは取り除けたとしても、マットレスに汚れがついてしまう可能性があります。

もし汚れていたら、使う前にきれいに拭いて、埃もとってから始めるようにしましょう。

ゆっくりかけるのがコツ

マットレスに掃除機をかけるときは、カーペットなどと同じような感覚でかけていると、あまり効果がないこともあります。

なぜなら、生きているダニは、マットレスにがっちりとしがみついていることが多く、普通に掃除機をかけただけでは、吸い取ることができないからです。

したがって、マットレスに掃除機をかけるには、少しコツが必要になります。

それは、普通に掃除するときよりも、ゆっくりと丁寧に動かすことです。

じっくりと吸うようにすれば、吸われまいと抵抗するダニがいても、かなりきれいに取り除くことができます。

少し残ったとしても、こまめに掃除機をかけていれば、ほとんどのダニを除去できるでしょう。

また、枕元には髪などが落ちていることが多いので、ダニが集まりやすい場所になります。

そのため、他の部分よりも念入りに吸うようにすると、多くのダニを一度に吸い取ることができるのです。




ローテーションさせる

高反発マットレスの手入れでは、湿気の他にもへたりに注意しなければなりません。

マットレスは、一度敷いたら、そのまま同じ面だけを使い続けてしまう人もいますが、その場合、圧力が同じ部分にだけ集中してしまいます。

そうなると、どうしても中央がへこんでしまい、寝たときに正しい姿勢がとれなくなるのです。

しかし、マットレスをローテーションさせて、体重がかかる場所をときどき変えるようにすれば、圧力が同じ面に偏ることはありません。

おすすめなのは、180℃回転させて上下を入れ替え、次に裏表を逆に、そして再び上下逆、裏表逆を繰り返して一巡させることです。

この順番でローテーションさせると、裏表はもちろん、足と頭の位置も入れ替わるため、圧力の分散を最も効果的に行うことができるのです。

湿気も分散する

マットレスのローテーションは、圧力と同時に、湿気の蓄積を防ぐ効果もあります。

もしローテーションをしなければ、同じ面ばかりが下になり、そこに湿気が集中してしまうでしょう。

マットレスの下がベッドと密着し、空間をすっかり塞いでしまうので、何もしなければ、湿気を出すことができないのです。

しかし、ローテーションによって裏表を入れ替えるようにすれば、その心配はありません。

一面だけでなく、両面を等しく空気にさらすことで、湿気が集中することはなくなります。

湿気を除去するための手入れなら、陰干しの方が効果は高いですが、ローテーションで普段から湿気を少なくしておけば、干したときの効果も、より高まります。

確実に手入れをするなら、ローテーションと陰干しを組み合わせるとよいでしょう。




まとめ

高反発マットレスを手入れしながら使うことは、その効果を十分に引き出すためには、とても重要なポイントになります。

手入れを怠っていると、マットレスの劣化が早まり、せっかくの効果も半減してしまうでしょう。

高反発マットレスが正常な働きをするためには、こまめな手入れによって、常にベストな状態を維持することが大切なのです。